著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南米・アンデス縦断」(12)

 オリャンタイタンボの「ホテル・パカリタンプ」の朝食。スクランブルエッグとソーセージに茹でたユカイモ(キャッサバ)がついている。それとコーンフレークにパン、チーズ、ハム。ジュースはオレンジ、パパイア、パイナップルと飲み放題だ。

 7時05分発の展望列車「ビスタドーム号」でマチュピチュの登り口のアグアカリエンテへ。2両編成のジーゼルカーで車両の上部がガラス張りになっている。列車はウルバンバ川の流れに沿って走り、1時間30分でアグアカリエンテに着いた。

 アグアカリエンテは直訳すれば「熱い水」で「温泉」を意味している。ここには温泉がある。町の高さは2045メートルだ。

 アグアカリエンテからシャトルバスでマチュピチュへ。曲がりくねった道を登っていくと、ウルバンバ川がはるか下の方に見えるようになり、バスは20分ほどでマチュピチュに到着。この地点の高さは2360メートル。標高3400メートルのクスコに比べると、はるかに低い。

 標高2940メートルのマチュピチュ山と標高2690メートルのワイナピチュを結ぶ稜線上のマチュピチュの遺跡は2400メートルほどの高さ。「空中都市」といわれるマチュピチュの遺跡が目の中に飛び込んできたときは感動の瞬間だ。

IMG_5857.jpg
「ホテル・パカリタンプ」の朝食

IMG_5859.jpg
アグアカリエンテに行く「ビスタドーム」

IMG_5860.jpg
アグアカリエンテの町

IMG_5861.jpg
マチュピチュからウルバンバ川の谷を見下ろす

IMG_5862.jpg
マチュピチュを一望!

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。