1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
21

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(13)
 マチュピチュ遺跡を歩き始める。

 山上の遺跡をとり囲む山々は、まるでカミソリの刃でそぎ落としたかのように、垂直に切り立っている。

 マチュピチュは険しい山々と、目のくらむような深い谷に囲まれた、まさに天然の要害の地。そのため侵攻してきたスペイン軍も、ついにこの地をみつけ出すことはできなかった。

 山上の要塞都市マチュピチュには、神殿や宮殿、浴場、住居などがあり、それらは1000を超えるという無数の石の階段で結ばれている。インカ独特の石造建築だ。

 また都市遺跡に隣りあって、石垣で築いた何段もの段々畑がある。マチュピチュで必要な食料は、すべてマチュピチュでまかなっていたという。

 マチュピチュ遺跡の崖っぷちに立つと、ウルバンバ川のゴーゴーと流れる音が聞こえてくる。ウルバンバ川沿いに走る列車の音が山肌を這い上がってくる。

 ショップで昼食のサンドイッチを買って食べ、午後はワイナピチュに登った。

IMG_5867.jpg
5867、みなさ~ん、これがマチュピチュですよ~!

IMG_5871.jpg
5871、マチュピチュの太陽の神殿

IMG_5870.jpg
5870、マチュピチュのリャマ

IMG_5872.jpg
5872、マチュピチュでの昼食

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment