1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  04 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(18)
 オリャンタイタンボの「ホテル・パカリタンプ」に戻ってきた。

 まずはホテルの中庭に停めてあった相棒のスズキDR-Z400Sを見る。エンジンをかけてみる。大丈夫。まったく問題なし。安心したところで、快適なホテルのベッドでひと眠りした。

 昼寝から目が覚めたところでオリャンタイタンボの町を歩く。路地裏にも入っていった。この町はウルバンバ川沿いの「聖なる谷」のほぼ中心に位置している。それもあってインカ時代は宿場町にもなっていたようだ。ちなみにオリャンタイタンボの「タンボ」は、ケチュア語で「旅籠」を意味するという。

 夕食は町のレストランで。トロッとした風味のチューニョのスープとスパゲティーだ。 チューニョというのは「凍みジャガイモ」のこと。チュニョはアンデスの食文化を象徴している。

 標高3000メートル前後のアンデス高地は一面のジャガイモ畑。ジャガイモを栽培している一帯が、アンデスでは一番、人口が多い。

 アンデスの食堂で食事をすると、必ずといっていいほどジャガイモが出る。スープにもジャガイモが入っている。さすがにジャガイモの原産地アンデスだけあって、ここではジャガイモ抜きの食事は考えられない。
 チューニョ入りのスープもごく一般的なものだ。

 チューニョは日本でいえば凍豆腐のようなもの。ジャガイモを野天に広げ、夜間の寒さで凍らせ、昼間の天日で溶かす。それを繰り返し、ブヨブヨになったジャガイモを踏みつけて水分を抜き、乾燥させる。

 一日の気温の差の大きいアンデス高地だからこそできる乾燥ジャガイモだ。保存食には最適で、使うときに水や湯で戻す。

 ぼくはチューニョにアンデスの民の知恵を見る。

IMG_5909.jpg
「ホテル・パカリタンプ」

IMG_5897.jpg
オリャンタイタンボの路地裏を歩く

IMG_5900.jpg
チューニョのスープ

IMG_5902.jpg
夕食のスパゲティー

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。