1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(24)
 ウルバンバ川沿いの「インカの聖なる谷」からクスコに戻ると、クスコを歩いた。
 これが最後のクスコだ。

 まずはアルマス広場。スペイン時代以降のクスコの中心だが、インカ時代も帝国の首都クスコの中心になっていた。アルマス広場に面して建つカテドラル(大聖堂)は、インカ時代のピラコチャ神殿の跡に建っている。

 次にカテドラルのすぐ近くにある「インカ博物館」を見学。ここではインカ時代のみならず、チャビンやナスカ、モチーカ、チャンカイ、チムーのプレインカ時代の文化を知ることができる。

インカ時代の土器類が展示されていたが、暗く沈んだ印象を受けた。そこにはプレインカ時代の明るさ、華やかさは見られない。

 アルマス広場近くの旅行社で目についたのはレンタバイクだ。
 クスコでバイクを借り、クスコを拠点にして周辺をまわるのも面白そうだと思った。

 こうして最後の「クスコ歩き」を終え、「ムナワシ・イン」に戻った。
 夕食はみなさんと一緒にレストランで。

 クスコに最初に到着した夜と同じ、ペルーを代表する伝統料理の「ロモ・サルタード」を食べた。今回の肉はアルパカではなく牛だった。

IMG_9971.jpg
クスコのカテドラル

IMG_5962.jpg
インカ博物館の入口のコンドル像

IMG_5963.jpg
インカ博物館に展示されているインカ時代の土器類

IMG_5961.jpg
アルマス広場近くの旅行社

IMG_5964.jpg
夕食のスープ

IMG_5965.jpg
夕食の「ロモ・サルタード」

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。