1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
26

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(25)
 2007年12月14日。いよいよクスコの町を離れる日がやってきた。

 6時、「ムナワシ・イン」の朝食。パパイア、オレンジ、パイナップルのジュースを飲み、メロン、マンゴー、パパイア、パイナップル、スイカ、バナナのフルーツとシリアル、アンデスパン、チーズ、ハム、ベーコンを食べる。

 8時、クスコを出発。ボリビアの首都ラパスを目指してDR-Z400Sを走らせる。ウルバンバ川上流のビルカノタ川に沿った道だ。

 標高4312メートルのラヤ峠に到達。アマゾン川の水系とチチカカ湖の水系を分ける峠だ。ここでアマゾンの世界と別れることになる。

 クスコからビルカノタ川に沿って走ってきたが、この川はウルバンバ川、ウカヤリ川と名前を変え、アマゾン本流となって大西洋へと流れていく。このビルカノタ川のわずかに西を流れるアプリマック川が、アマゾン川の最長の流れになっている。その源頭というのは、かぎりなく太平洋に近い。

 アマゾン川というのは、前にも言ったことだが、太平洋岸スレスレぐらいのところから、南米大陸を横断して流れ、大西洋に流れ出ていく川なのだ。

 そのアマゾン川最長のアプリマック川だが、ナスカからクスコへの途中で通ったアバンカイの町の東側を流れ、パンパ川を合わせ、マンタロー川と合流してエネ川になり、さらにタンボ川になり、ウルバンバ川と合流し、ウカヤリ川と名前を変え、アマゾン川の本流となって大西洋に流れていく。

 アマゾン川の全長は6300キロ。長さではアフリカのナイル川(全長6990キロ)に次いで世界第2位だが、流域面積ではナイル川やミシシッピー川などを大きく引き離して、ダントツで世界第1位になっている。

 アマゾン、ナイル、ミシシッピーの「世界3大河川」を一目見ればすぐにわかることだが、アマゾン川は桁外れの水量といっていい。アマゾン川は他を圧して世界最大の川になっている。

 アンデス山脈の4000メートル級の峠、ラヤ峠に立って、ぼくはいつの日か、アマゾン川の源流から河口までをたどってみたいと思うのだ。

IMG_5966.jpg
クスコの「ムナワシ・イン」の朝食

IMG_5967.jpg
クスコの「ムナワシ・イン」を出発

IMG_5968.jpg
クスコからラヤ峠の道で小休止

IMG_5969.jpg
ラヤ峠へ

IMG_5971.jpg
ラヤ峠に到達!

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment