1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(30)
 12月17日。夜が明けると、早朝のラパスを歩く。サンフランシスコ寺院からメルカド(市場)へ。メルカドの門はまだ閉まっていたが、路上ではコカの葉や薬草、チューニョ(凍みジャガイモ)、チーズ、川魚などが売られていた。ペルーのリマからのものだという冷凍のイワシを売る露店もあった。

「プレジデンテ・ホテル」に戻ると朝食。パパイヤとマンゴーのジュースを飲み、コーンフレークを食べ、3種類のチーズと2種類のハムでフランスパンを食べる。最後はデザートのフルーツポンチだ。

 ラパスを出発。すり鉢の底からすり鉢の上に登る。雲は多いがまあまあの天気で、標高6462メートルの雪山、イリマニ山がよく見えた。

 ラパスからはアンデスの高原地帯を貫く国道1号でオルロへ。一直線の道がつづいている。乾燥した高原の風景。標高4000メートルを超える高地だが、それほどの息苦しさを感じることもなく、愛車のスズキDR-Z400Sも快調に走りつづける。4000メートルぐらいでは空気が薄いことによって起こるエンジンの不調はみられない。

 ラパスとオルロの中間のパタカマヨの町で昼食にする。ピザ専門の店でピザを食べた。ここでは調理場でのピザづくりを見せてもらった。

IMG_5997.jpg
「プレジデンテ・ホテル」の朝食

IMG_5998.jpg
アンデス高地の国道1号を行く

IMG_6000.jpg
ピザ専門店の調理場

IMG_6001.jpg
ピザづくりを見せてもらう

IMG_6002.jpg
焼き上がったピザ

IMG_6003.jpg
昼食のピザ

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。