著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南米・アンデス縦断」(39)

 12月25日。夜明けのラ・セレナの町を歩く。コピアポと同じように、ここでも朝は濃い霧に覆われている。これも寒流のフンボルト海流の影響か。

「セレナ」はスペイン語で「静か」の意味で、ラ・セレナは名前通りの静かな落ち着いた町。緑も多い。このラ・セレナあたりが、乾燥した北部チリと湿潤で温暖な中部チリの境で、ここより北は不毛の砂漠地帯、南は肥沃な農業地帯になる。

 ラ・セレナの町を1時間ほど歩いて「ラ・セルナプラザホテル」に戻ると朝食。ジュースとヨーグルト、コーンフレーク、パン、ハム、チーズ、ケーキの朝食を食べる。

 9時に出発。ラ・セレナから国道5号は高速道路になる。クリスマスでガラガラの高速道路を快適に走る。南に下るにつれて霧は晴れた。

 高速道路のサービスエリアで昼食。ライスを添えたハンバーグを食べる。午後になるときれいな青空が広がった。

 チリ第一のリゾート地、ビーニャ・デル・マルに近づいたところで首都サンチャゴに通じる国道5号を離れ、海沿いの道を行く。ザパリャル、キンテロ、コンコンと通り、17時、今日の目的地のビーニャ・デル・マルに到着。ラ・セレナから422キロだ。

「ホテル・キャンタマール」に入ると、さっそくビーニャ・デル・マルを歩く。さすがチリ第一のリゾート地だけあって、海岸通りを大勢の人たちが歩いている。砂浜にも家族連れなどの姿を多く見たが、ここでも海に入っている人はほとんどいなかった。

 町の中心はベルガラ広場。この町の創設者のベルガラ像が建っている。高級ホテルの「ホテル・オイギンス」も広場に面して建っている。中心街のピザ専門店でピザを食べ、クリスマスのイルミネーションで輝く夜の町を歩き、我々のホテルの「ホテル・キャンタマール」に戻った。ここまで来れば、首都のサンチャゴまではあともう一息だ。

IMG_6054.jpg
「ラ・セルナプラザホテル」の朝食

IMG_6055.jpg
ビーニャ・デル・マルの海岸通り

IMG_6056.jpg
夕食のピザ

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。