1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
28

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(40)
 12月26日。ビーニャ・デル・マルの「ホテル・キャンタマール」の朝食を食べ、9時に出発。チリの首都サンチャゴ外港のバルパライソへ。その間は10キロほど。30分もかからずに着いた。メンバー全員のバイクを駐車場に止め、各自、自由行動での町歩きを開始する。バルパライソには世界遺産の古い町並みも残っている。

 まずは銀行で両替。チリの通貨はチリ・ペソ。レートは100ドル49000ペソで、1ペソは0・2円ほどだ。

 バルパライソはチリ第一の港町。丘陵地帯がセントロ(町の中心街)と港を取り囲んでいる。町を取り囲む丘の数は全部で45もあるという。見上げると、丘の上の方までびっしりと家々が建ち並んでいる。

 そんな急坂を登るアセンソール(ケーブルカー)が何本も通っている。どのアセンソールも100年以上も前にできたもので、今でも市民の欠かせない足になっている。そのうちの1本に乗ったが、料金は100ペソ。日本円で20円ほど。丘の上からバルパライソの港と町並みを一望した。

 中心街のレストランで昼食。駐車場に戻り13時にバルパライソを出発した。

 いよいよチリの首都のサンチャゴに向かう。途中で高速道路に入り、バルパライソから120キロ走って16時、サンチャゴに到着した。ペルーのリマを出発してから25日目、4744キロ走っての到着だ。

 我々の宿は「モンテカルロホテル」。緑に囲まれた広い中庭がある。そこにバイクを並べて止めた。ここには連泊するのだ。

 夕食はホテル近くのレストランで。厚さ2センチ以上もあるブ厚いビーフステーキを食べたが、値段は何と6700ペソ、日本円で約1340円でしかない。サンチャゴ到着を祝ってビールで乾杯し、そのあとはチリワインを飲んだ。

IMG_6057.jpg
ビーニャ・デル・マルの「ホテル・キャンタマール」の朝食

IMG_6058.jpg
バルパライソの中心街

IMG_6059.jpg
サンチャゴの「モンテカルロホテル」

IMG_6060_201312282216061ca.jpg
夕食のビーフステーキ

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment