著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六大陸周遊1973-74 [完全版] 006

日英独の3人の旅行者

 ロンボク島からスンバワ島に渡り、アラス港に到着。ここでも小舟に乗り換えての上陸だ。暑さが厳しい。小スンダ列島もスンバワ島まで来ると、交通がガクッと不便になる。アラス港から島の中心のスンバワ・ベサールまでは80キロほどの距離があるが、バスがわりのトラックに乗っていく。50人以上もの乗客がトラックの荷台に乗る。ぎゅうづめ状態だ。
 夕方、スンバワ・ベサールに到着。島の中心といっても、小さな町だ。ここでは1泊200ルピア(約160円)の「HOTEL SUCI」に泊まった。ホテルの宿泊者名簿を見せてもらうと、デビッドの名前があった。ついにここで、デビッドに追いついた。
 さっそくデビッドの部屋を訪ねた。「やー、やー!」と固い握手。2人で一緒に夕食にしようと、路地裏の食堂に行く。その日は1973年9月1日。ぼくの26歳の誕生日だ。デビッドに「誕生日、おめでとう!」と言われ、ワインのかわりに水の入ったコップで乾杯した。
「HOTEL SUCI」には、ぼくたち2人のほかに、もう1人、外国人旅行者がいた。ドイツ人のエリッヒだ。彼もぼくたちと同じようにインドネシアの島々を東に進み、オーストラリアを目指していた。インドネシアの島々を経由してオーストラリアに向かう旅行者はそれほど多くはないのに、こうして3人が出会ったのも何かの縁。「旅は道連れ」とばかりに、ぼくたち3人は一緒に旅することにした。
 30を過ぎたデビッドはすでにアフリカ以外の全大陸をまわっている。オーストラリアも今回が3度目で、オーストラリアのあとはニュージーランドに渡り、そこでしばらく資金稼ぎの仕事をするという。
 エリッヒは27歳。高校の地理の先生だった。仕事を辞め、旅に出てからすでに13ヵ月になるという。ヨーロッパ各国から西アジア、インド、インドシナ諸国をまわり、シンガポールからインドネシアにやってきた。オーストラリアのあとは南太平洋の島々をめぐるという。
 翌日の午前中はスンバワ・ベサールの町を歩いた。学校の校庭のような競技場では、スンバワ島の6地区の代表が集まっての格闘技大会が開かれていた。「闘牛」ならぬ「闘人」といったところで、素手に藁を巻いただけの2人がハデに殴りあう。大勢の観衆は大声援を送る。
 夕方の5時、スンバワ・ベサールを出発。スンバワ島東部の中心、ビマの町に、トラックを改造したバスで向かった。荷台の真ん中に荷物が積まれ、その両側に木のベンチが2列ある。乗客はその固い木のベンチに座る。荷台を覆うようにして鉄製の屋根があり、その上にも大量の荷物が積まれていた。
 荷台の中よりも、外の方がはるかに気持ちいいので、ぼくは運転席の真上に座った。悪路の連続なので、揺れがひどく、振り落とされないように気をつけなくてはならない。ぼくの隣にはマンシュールさんという50過ぎの人が座った。彼はぼくが日本人だとわかると、すごくうれしそうな顔をし、日本の軍歌を歌いはじめた。そして「キチクベイエイ(鬼畜米英)、テンノウヘイカバンザイ(天皇陛下万歳)、ダイニッポンテイコクリクグンバンザイ(大日本帝国陸軍万歳)」と大声で叫ぶのだ。
 ぼくは高い所が好きなので運転席の真上の屋根に座ったのだが、マンシュールさんは別の目的でここに座っている。カモシカを撃つためだ。夜になるとカモシカが飛び出してくるので、それをライフル銃で仕留めるという。日が落ちると古ぼけたライフル銃の弾をこめ、いつでも撃てるように身構えたが、なかなかカモシカは飛び出してこない。
 トラックバスはスンバワ島の山岳地帯を走っている。道は曲がりくねり、揺れも激しい。ウトウトするとトラックバスから振り落とされそうになるので大変だ。いつしか夜もふけ、やがて東の空が白みはじめた。マンシュールさんはとうとう1発も撃つことなく夜明けを迎えた。
 トラックバスはドンプーという町に着いた。ここでマンシュールさんは降りた。1時間ほど停まるというので、日英独のぼくたち3人は、食堂で朝食にした。ここでエリッヒは大声を張り上げ、
「エニーウエア、エニーボディー、チートミー!(どこでも、誰でも、みんなが俺をだます!)」
 という意味の言葉をドイツ語で叫んだ。
 ドイツ語など誰もわからないのに、彼はさらにドイツ語でペラペラとまくしたてた。まるで噛みつかんばかりの口調。エリッヒは100ルピア(約80円)のものを頼んだのに、食堂のおばちゃんは150ルピア(約120円)のものを持ってきたからだという。ぼくとデビッドはもうウンザリ。「またかよ」という顔で目を合わせた。
 スンバワ・ベサールでも、エリッヒは同じようにして何度も怒鳴った。彼はこの町に知人がいるといって、手帳に書いた住所を見せながら、「ジャラン××(××通り)はどこ?」と通りすがりの人に聞いてまわった。相手の人が「英語はわかりません」という顔をすると、「オー、インドネシア、ピープル、バッド!(インドネシア人はひどいヤツらだ)」と吐き捨てるようにして言う。そしてそのあとは、決まったようにドイツ語でまくしたてるのだ。
 市場で買い物をしても、食堂に入っても、5ルピアとか10ルピア、日本でいえば5円、10円にものすごくこだわり、ふた言目には「チートミー(俺をだましてる)」になる。エリッヒはぼくたちに何度となく「インドネシアの自然はすばらしいけど、人間は最低だ」と繰り返し言うのだった。
 デビッドはデビッドで、エリッヒをすごく嫌っていた。エリッヒはことあるごとにドイツとイギリスを比較し、「ドイツの方が上だ、ドイツ人の方がはるかに優秀だ」と強調した。
 デビッドがぼくに「エリッヒは英語だとエリックになる」と言ったときは、
「エリッヒはドイツ人の名前だ。イギリスとは関係ない」
 と言ってムキになって怒った。
 そんなエリッヒだったが、スンバワ・ベサールの教会に行ったときは、ころっと態度を変えた。そこには20年以上、この地で布教しているドイツ人神父がいたからだ。
 神父と話しているときのエリッヒは、まるで手のひらを返したかのように、素直な態度だった。教会で昼食をいただいたのだが、テーブルには教会自家製の白パンと黒パンが出た。ぼくとデビッドはほとんど白パンを食べたが、エリッヒはむさぼるように黒パンを食べつづけた。「久しぶりに食べるドイツの黒パンだ!」と言って、なんと目に涙を浮かべてた。
 そんなエリッヒだったが、ドンプーの食堂で怒鳴り散らす彼の姿を見て、日独開戦か、英独開戦は間近だな…と思った。ぼくにしてもデビッドにしても、もう我慢の限界だった。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。