著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ縦断2013-2014(その5)

「ナイロビ→ケープタウン編」(5)


 ケニアから2番目の国、タンザニアに入った。まずは両替だ。国境の両替所で3000ケニア・シリング(約3600円)を両替すると、54000タンザニア・シリングになった。1シリングは約0・06円。100シリングが約6円ということになる。

 46年前の「アフリカ縦断」の時は、ケニア、タンザニア、ウガンダの旧英領の東アフリカ3国のシリングはまったくの等価で、紙幣ならば国境を越えても両替することなく使えた。

 それだけではない。
 ケニア、タンザニア、ウガンダの3国は友好関係を強調し、「東アフリカ連合」とか「東アフリカ合衆国」をつくろうという気運で満ちていた。あれから46年、東アフリカ3国はそれぞれの道を歩み、いまや連合とか合併という気運は、とっくに過去のものになってしまった。

 国境近くのレストランで昼食。スパニッシュ・オムレツを食べた。

 国境のナマンガからアルーシャの町に向かって南下する。前方には標高4556メートルのメルー山が大きく見えてくる。左手にはアフリカの最高峰、キリマンジャロ(5895m)も見えているが、雲に隠れ、長く伸ばした裾野が見えるだけだった。

 ナマンガから100キロほどでメルー山麓の町、アルーシャに到着。町中を走り抜け、キリマンジャロ山麓の町、モシに通じる街道を行く。

 今回の「アフリカ縦断」での宿泊はキャンプ場でのキャンプ泊がメインになる。アルーシャから20キロほど走ったところにある「ンドロ・ロッジ&キャンプサイト」が我々の宿泊地だ。

「ンドロ・ロッジ&キャンプサイト」は街道から500メートルほど入ったところにある。目の前に聳えるメルー山がよく見える。キャンプ場の周辺は一面の水田で農民たちは稲穂を刈り取り、ビニールシートの上で穂を落とし、それを袋に詰めていた。

「ンドロ・ロッジ&キャンプサイト」はきれいなキャンプ場。セキュリティーもしっかりしている。その名の通り、バンガローもある。きれいに刈り取られて草の上にテントを張り終えると、キャンプ場内のバーで冷えたビールを飲む。タンザニアでも「タスカー」だ。1本が3000シリング。日本円にすると約180円。夕食はキャンプ場内のレストランで「チキン&ライス」を食べた。タンザニアのライスはうまい。

IMG_1190.jpg
昼食のスパニッシュ・オムレツ

IMG_1192.jpg
タンザニアのサバンナ地帯を行く

IMG_1193.jpg
ナマンガからアルーシャへの道

IMG_1207.jpg
「ンドロ・ロッジ&キャンプサイト」に到着

IMG_1212.jpg
キャンプ場前の水田の稲の収穫

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。