著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ縦断2013-2014(その10)

「ナイロビ→ケープタウン編」(10)


 12月22日5時、起床。まだ暗い。満天の星空。天空の月を見る。トイレ、シャワーをすませると、夜明けのキャンプ場内を歩いた。

 7時、朝食。昨夜のご飯の残りを雑炊にして食べた。
 8時、出発。タンザニアの幹線、国道1号を西へ。マラウィとザンビアの2ヵ国との国境に近いムベアの町を目指す。

 2車線のハイウエイを100キロ超で走る。大型バスや大型トラックも100キロ前後で疾走する。恐いのは対向の大型バスの無理な追い越しだ。

 我が愛車、DR-Z400Sで相当、接近しているというのに、大型バスは強引に追い越しをかけてくる。衝突を避けるために速度を落として路肩に逃げたが、それがたび重なるとだんだん腹がたってくる。
「よーし!」
 と、対向の大型バスが無理な追い越しをかけてきたとき、最後の最後まで速度も落とさず、逃げることもしないで走りつづけた。大型バスは「ブブブブーーーー」とクラクションを鳴らしつづける。最後の瞬間で左に避けたが、大型バスの運転手は青い顔をしていた。

「神風バス」には、それなりの事情があるようだ。すこしでも早く走り、次の目的地にすこしでも早く着くと、より多くの乗客に乗ってもらえるという事情のようだ。モタモタ走っていると、ほかのバスに客を取られてしまうのだ。

 12時、イリンガから200キロほどのマカンバコの町に到着。国道1号沿いの食堂で昼食にする。食堂のオバチャンが肉を調理するところを見せてもらった。出来上がった「ワリ・ナ・ニャマ」(ライス&ビーフ)をペプシコーラを飲みながら食べた。

 マカンバゴを出発。標高1000メートルを超える高原地帯を行く。時々、黒雲が流れてくると、雨に降られた。猛烈な横風に吹かれたこともあった。

 マラウィ国境に通じるウヨレの町を過ぎ、16時にタンザニア最奥の町、ムベヤに着いた。イリンガから390キロ。ここからザンビア国境のトゥンドゥマまでは100キロほどだ。

 国道1号から坂道を登り、高原の町、ムベアの中心街に入っていく。町中の「マウントリビングストン ホテル」が今晩の宿。といってもホテルに泊まるのではなく、ホテルの中庭にテントを張って泊まるのだ。

 テントを張り終えると、さっそくムベアの町を歩く。洒落た店を見てまわる。イタリア料理店「MALIMBE DE VILLE」で夕食。野菜たっぷりのスープのあとスパゲティーを食べた。

IMG_1477.jpg
国道1号を行く

IMG_1481.jpg
国道1号を走る大型トラック

IMG_1485.jpg
マカンバゴの町の食堂

IMG_1492.jpg
ムベアに到着

IMG_1499.jpg
ムベアの靴店

IMG_1512.jpg
夕食のスパゲティー

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。