1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
28

Category: アフリカ縦断2013-2014

Tags: ---

Comment: 0  

アフリカ縦断2013-2014(その11)
「ナイロビ→ケープタウン編」(11)


 12月23日6時、ムベアの「マウントリビングストン ホテル」の朝食。スイカとパイナップルのジュースを飲み、フライドエッグ、ソーセージとパン、それとデザートのマンゴーとスイカを食べ、7時に出発だ。

 ムベアの町並みはザンビア国境に通じる国道1号から高台に登ったところにあるので、来た道を引き返し、国道1号に下った。T字の交差点に出ると左へ(右はザンビア国境への道になる)。国道1号を10キロほど戻ったウヨレで右折し、マラウィ国境に向かった。

 高原地帯を縫って走る。
 我が相棒のスズキDR-Z400Sは今日も快調だ。

 通り過ぎていく集落の周辺は一面のバナナ園。丘陵地帯の斜面は一面の茶畑になっている。タンザニアはキリマンジャロ山麓でのコーヒーはよく知られているが、このように茶も栽培されている。

 ムベアから25キロ走るとマラウィ国境に到着。バイクを止めると、ワーッという感じでマネーチェンジャーたちが集まってきた。ここには両替所がないので、騙される危険を覚悟で替えてもらう。国境の闇のマネーチェンジャーに騙されるのは、これは世界共通のことなのだ。

 幸いたいしたトラブルもなく、マラウィのお金、クワチャを手に入れた。1USドルが400クワチャというレートで、1クワチャは約0・25円になる。

 タンザニアを出国し、マラウィに入国。出入国にかかった時間は約2時間。11時40分にマラウィに入ったのだが、1時間の時差があるのでマラウィ時間では10時40分になる。

 ケニア、タンザニア、ウガンダの3国は旧英領東アフリカだが、マラウィとこれから向かっていくザンビア(旧北ローデシア)、ジンバブエ(旧南ローデシア)の3国は旧英領中央アフリカになる。

 東アフリカのスワヒリ語はマラウィに入ると、もうほとんど通用しない。

 国境近くの食堂で「シーマ」を食べたが、それは東アフリカのウガリとまったく同じもの。作り方も食べ方も同じだ。国境を越えるとこのように言葉が変わり、文化が変わり、民族が変わる。それが「国境越え」のおもしろさといったところだ。

IMG_1521.jpg
「マウントリビングストン ホテル」の朝食

IMG_1522.jpg
マラウィ国境への道

IMG_1526.jpg
集落の周囲のバナナ園

IMG_1530.jpg
山の斜面の茶畑

IMG_1538_20140427112421bd1.jpg
国境のマネーチェンジャー

IMG_1555.jpg
昼食のシーマ

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment