著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ縦断2013-2014(その14)

「ナイロビ→ケープタウン編」(14)


 12月26日、夜が明けるとテントを撤収してトーマスの家を出、マラウィ湖畔の「ンジャヤ・ロッジ」のキャンプ場に戻った。あいかわらず水は一滴も出ないので、シャワーはもちろん、トイレも使えない。おまけに黒雲が押し寄せてくると、ザーッと雨が降ってくる。逃げるまもなく、土砂降りの雨にズブ濡れになった。もう最悪を通り越して呪われたような気分だ。

 水が出ないので朝食を食べずに出発。幸い雨は上がった。トーマスの家に寄って夫妻に別れを告げてンカタベイの町中へ。早朝から開いている食堂でパンと紅茶の朝食を食べ、ホッとひと息つくことができた。

 ンカタベイからはマラウィ湖畔の道を南下する。2車線のこの道はマラウィを南北に縦貫する幹線道路なのだが、交通量は相変わらず少ない。

「ンジャヤ・ロッジ」ではトイレを使えなかったので、人家が途切れたところでの「ブッシュトイレ」。「出すものは出す」、これが元気で旅をつづけるための基本だ。「食う寝る出す」の中でも「出す」が、一番大事だとぼくは思っている。

 左手にマラウィ湖を見ながら走り、やがてゴム林の中に入った。天然ゴムはすっかり合成ゴムに押されているので、まだこうしてゴムの木からゴムを採取しているとは思わなかった。かなり規模の大きなゴム園だ。

 ンコタコタの町を通り、マラウィ南部に入っていくと交通量は少しは多くなった。
 国道沿いの食堂で昼食。シーマに鶏と豆、野菜がついている。

 首都のリロングウェに近いサリマの町では大統領一行とすれ違った。警官が大勢出て、すべての交通を止める。その中を大統領一行の乗った何台もの車が猛スピードで走り抜けていく。どの車に大統領が乗っているのかはわからなかった。

 サリマでは給油できなかった。
 2ヵ所のガソリンスタンドに行ったのだが、ともに「ノーぺトロール(ガソリン)」。

 仕方なく今日の宿泊地、マラウィ湖のサンガベイに向かっていったが、その途中にあるガソリンスタンドでやっと給油できた。しかしこれは例外的なケースで、今回の「ナイロビ→ケープタウン」では、ガソリンに困ることはほとんどなかった。

 このガソリンスタンドのミニショップでは、ソフトクリーム(ストロベリー)を食べた。350クワチャ(約87円)。ボリュームたっぷりで、味もなかなかのものだった。

 サンガベイでは「ウイールハウス マリーナ」のキャンプ場に泊まった。

 目の前にはマラウィ湖が広がっている。対岸のモザンビークの山々がはっきりと見える。このあたりのマラウィ湖はほぼ最南になる。グレートリフトバレー内にあるマラウィ湖からはシレ川が流れ出て、アフリカ第4の大河、ザンベジ川に合流する。

「ウイールハウス マリーナ」のバーでマラウィのビール「クチェクチェ」(600クワチャ・約150円)を飲みながら、暮れゆくマラウィ湖を眺めた。そのあとレストランで「ビーフ&ライス」の夕食。マラウィのライスはタンザニアに負けず劣らず、十分においしい。

IMG_1688.jpg
「ブッシュトイレ」で小休止

IMG_1689.jpg
ゴム園の中を行く

IMG_1691.jpg
マラウィを南北に縦貫する道

IMG_1705.jpg
昼食のシーマ

IMG_1710.jpg
マラウィの子供たち

IMG_1712.jpg
「ウイールハウス マリーナ」のキャンプ場

IMG_1713.jpg
マラウィ湖を見ながらビールを飲む

IMG_1718.jpg
夕食の「ビーフ&ライス」

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。