著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ縦断2013-2014(その17)

「ナイロビ→ケープタウン編」(17)


 12月29日、朝食を食べ、7時にカチョローラ村を出発。一本道で首都ルサカに向かう。1968年の「アフリカ縦断」のときにも通ったなつかしの道だ。

 1968年のときは大変だった。その途中で渡るザンベジ川最大の支流、ルワングワ川の鉄橋が爆破されたとのことで、厳重な警備態勢が敷かれていた。行く先々でパスポートチェックを受けたり、荷物を徹底的に調べられた。

 あれから46年。
 まったく何事もなかったかのような穏やかな道をひた走る。

 カチョーラ村から1時間ほどでルワングワ川の鉄橋にさしかかる。鉄橋を渡りながら1968年の「アフリカ縦断」のシーンが思い出されてならなかった。

 あの時はルアングア川に近づくと、100台以上のタンクローリーやトラックが数珠つなぎになって停まっていた。タンクローリーが圧倒的に多かった。急崖を下って川岸まで降りると、爆破された鉄橋が見えた。現場では軍隊が仮橋をつくっている最中だった。

 幸いなことに、バイクの強みを最大限に発揮し、軍の小船にバイクごと乗せてもらい対岸に渡ることができたのだ。対岸にも数えきれないほどの大型トラックやタンクローリーが、いつになるかわからない開通を待っていた。

 このルートは内陸国のザンビアにとっては、今も昔も生命線。とくにガソリンなどの石油製品はモザンビークのベイラ港から鉄道でマラウィのサリマに送られ、そこから1000キロもの道のりを越えて首都ルサカまで送られていく。

 ルアングア川の鉄橋を渡りながら下を見ると、1艘のカヌーが茶色い川面を流れ下っていくのが見えた。目に残るシーンだった。

 首都のルサカに向かって走ると雨が降り始めた。雨具を着ての走行。「あー、またか」という重い気分だったが、ありがたいことに雨は1時間ほどで上がった。

 ルサカ近郊の町までやってきたところで昼食。食堂でシーマを食べる。シーマには魚と青菜が添えられている。

 カチョローラから300キロ走ってザンビアの首都ルサカに到着。ルサカの中心街を走り抜け、郊外にある「エウレカ・キャンピングパーク」に泊まった。

 ここは農場内のキャンプ場。金さんこと伊藤さんと、まるで自然公園のように広いキャンプ場内を歩いた。草原や森林もある。ここは野生動物の天国のようなところで、シマウマやガゼルの群、さらにはキリンを見た。我々はまるでナショナルパークにテントを張っているようなものだ。

IMG_1795.jpg
ルアングア川にかかる鉄橋

IMG_1799.jpg
ルアングア川の流れ

IMG_1802.jpg
ルアングア川のカヌー

IMG_1805.jpg
前方には雨雲…

IMG_1812.jpg
昼食のシーマ

IMG_1814.jpg
ルサカに到着

IMG_1831.jpg
キャンプ場のシマウマ

IMG_1847.jpg
キャンプ場での夕食

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。