著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカ縦断2013-2014(その25)

「ナイロビ→ケープタウン編」(25)


 ナミビアの首都ウイントフックから北に70キロほど走ったオカハンジジャで進路を西に変え、大西洋岸のスワコップムントに向かう。けっこうな交通量がある。110キロから120キロぐらいの速度で西へと走り、カリビブに到着。ここはなつかしの町だ。

 道祖神のバイクツアー「賀曽利隆と走る!」(第9弾目)の「南部アフリカ」では、ウイントフックを出発点にし、第1夜目はカリビブ近くの農場内のキャンプ場に泊まった。 夕食には農場主のハンズが仕留めた野生のオリックスの肉がドーンと出た。それを焼いて食べたが、いかにもアフリカという豪快な食べ方。その何日か前には豹が農場の山羊を襲ったということで、ハンズは「ウォ、ウォ、ウォー」と豹の鳴き声を聞かせてくれた。ハンズの奥さんが焼いた手作りのパンと一緒にオリックスのぶ厚いステーキを食べたが、忘れられない農場での夕食だった。

 翌朝はハンズの運転する4駆に乗って農場内のサファリをした。オリックスのほかに、さらに大きなエランドを見た。ともにカモシカの類。こうして名残おしいハンズの農場を後にし、カリビブの町に戻ったのだった。

 そんな懐かしのカリビブの町を通り過ぎ、ウサコスのレストランで昼食。木の下のテーブルで食べた肉料理はおしかった。

 ウサコスを過ぎると、大西洋岸のナミブ砂漠に入っていく。頭上には一片の雲もない。18日間連続の雨が、まるで遠い昔のことのように思われてくる。

 16時、ウイントフックから370キロ走ってナミビアの観光拠点、スワコップムントに到着。大西洋岸のきれいな町。ドイツ風の町並みだ。

 スワコップムントでは海岸のキャンプ場「アルテブリュッケ」に泊まった。日が落ちると寒くなるほど。空には三日月が見える。夕食のカレーライスを食べたあと、薪を買って焚火をした。焚火用の薪といっても安くはない。1袋50ナミビアドル。日本円だと約500円。ナミブ砂漠の町、スワコップムントだからそれも当然か。焚火にあたりながらビール(10ドル)を飲んだ。

 ここでは韓国人の旅行者に会った。彼は車でロシアのウラジオストックを出発してシベリアを横断。中東のヨルダンから船でケニアのモンバサに渡り、ここまでやってきた。ケープタウンがゴールで10ヵ月の旅を終えるという。

IMG_2032.jpg
スワコップムントへの道

IMG_2035.jpg
カリビブまであと5キロ

IMG_2041.jpg
カリビブ周辺の風景

IMG_2045.jpg
ウサコスのレストラン

IMG_2048.jpg
木の下での昼食

IMG_2054.jpg
ナミブ砂漠に立つ!

IMG_2058.jpg
「アルテブリュケ」キャンプ場

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。