1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(52)
 1月7日。「ホステリア・ラス・トーレス」に連泊。「パイネの休日」といったところで、ジュース、パン、スクランブルエッグといった朝食を食べると、パイネ国立公園のシンボル、「トーレス・デル・パイネ」へのトレッキングコースを歩きはじめる。

「トーレス・デル・パイネ」は直訳すると「パイネの塔」。スペイン語のトーレは英語のタワーのことで、我々の泊まった「ホステリア・ラス・トーレス」は「トーレス・デル・パイネ」に一番近いホテルということになる。

 トレッキングコースをプラプラ歩き、3本の岩峰を間近に眺める地点まで行った。

「トーレス・デル・パイネ」はまさに岩の塔だ。3本の岩峰は南からデ・アゴスティーニ塔(2850m)、セントラル塔(2800m)、モンツィーノ塔(2700m)の順に並んでいる。そこで昼食。サンドイッチを食べた。そのあとはゴロンと横になってしばしの昼寝。目が覚めると、「ホステリア・ラス・トーレス」に戻った。

 夕食はホテルのレストランで。ぶ厚いステーキを食べたが、いやー、固いこと固いこと。そう簡単には噛み切れない。それでも無理をして食べつづけたので、口が閉まらなくなるほど顎が痛くなった。ステーキに添えられているジャガイモはうまかったのだが…。

 夕食後は石井君と苦労して薪を焚き、桶風の風呂に入った。久しぶりの風呂なので、すごく気持ちいい。パタゴニア縦断でけっこう疲れが溜まっていたので、ちょうどいい骨休みになった「パイネの休日」だ。

IMG_0849.jpg
「ホステリア・ラス・トーレス」を出発

IMG_0850.jpg
「トーレス・デル・パイネ」へ!

IMG_0851.jpg
これが夕食のビーフステーキ

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。