著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

「南米・アンデス縦断」(54)

 南緯52度のプエルト・ナタレスの町を歩く。この町はチリ南部のマガジャネス州ではプンタ・アレナスに次ぐ第2の町ということだが、人口は2万人ほど。町中をひととおり歩くと中心街から海岸へ。真夏とはいえ、ウルティマ・エスペランサ湾を渡って吹いてくる風は、身を切られるほどに冷たい。

 地図を見ると、フィヨルドのこの一帯はどこが大陸でどこが島なのか、まったくわからないほど。無数の湾、入江が入り組み、無数の水路がある。まるで迷路だ。プエルト・ナタレスが港町とはいっても、ほんとうに海とつながっているのだろうかと不思議になるほど。そんな疑問をかき消すかのように、白い大型客船が入港した。南極に行くノルウェー船。ノルウェー北部のナルビックからやって来た。これから南緯55度のウシュアイアに寄港し、南極に向かうという。

 プエルト・ナタレスの町歩きを終えると、レストランで夕食。肉をはさんだサンドイッチを食べた。コーラを飲んで3000ペソ(約600円)。

「ホテル・チャールズ・ダーウィン」に戻ると、有志一同で宴会をすることにした。予算は1人2000ペソ(約400円)。みんなでスーパーに行き、ビールやワイン、ポテトチップスなどを買い込み、ホテルの部屋で飲み会が始まった。話題はもっぱら烈風のパタゴニア。「犬が空を飛ぶ!」というパタゴニアだが、まだ誰も空を飛ぶ犬を見ていないといって大笑いした。

IMG_0864_20140911154741bfd.jpg
プエルト・ナタレスの町を歩く

IMG_0865.jpg
プエルト・ナタレスのガソリンスタンド

IMG_0866.jpg
プエルト・ナタレスに入港したノルウェー船

IMG_0867_201409111547452bd.jpg
夕食のサンドイッチ

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード