著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「南米・アンデス縦断」(58)

 マゼラン海峡入口のブルネス要塞からプンタ・アレナスに戻ると、プンタ・アレナス港のフェリー乗場へ。それほど待つこともなくフエゴ島のボルベニール港行きのフェリーがやってきた。接岸すると乗客が先に降り、つづいて車が降りる。いよいよ乗船開始。まずは我々のバイクが乗船。そのあと車が乗り込む。乗船するとすぐさま甲板に上がった。

  17時、定刻通りの出港。穏やかなマゼラン海峡を行く。プンタ・アレナスの町並みは遠ざかり、前方のフエゴ島の島影が次第にはっきりとしてくる。平坦なフエゴ島なので、島というよりも、大陸が横たわっているかのような見える。フエゴ島の面積は47990平方キロ。北海道には及ばないものの、九州よりもはるかに大きい。島の西側がチリ領で、東側がアルゼンチン領になっている。その南側に我々の目指す南緯55度の世界最南の町ウシュアイアがある。

 マゼラン海峡は荒れることもなく、天気が崩れることもなく、プンタ・アレナス港を出てから2時間30分後の20時、フエゴ島のポルベニール港に到着。フェリーを下船し、相棒のDR-Z400Sでフエゴ島を一歩、走り出す瞬間の気分はもう最高だ。

 宿は港に近い「ホテル・エスパネ」。夕食はホテルのレストランで。ワインを飲みながらライスの添えられたビーフステーキを食べた。

IMG_0907.jpg
プンタ・アレナス港のフェリー乗場

IMG_0908.jpg
フエゴ島に渡るフェリーがやってきた

IMG_0911.jpg
フェリーに我々のバイクを積み込む

IMG_0912.jpg
ただいまマゼラン海峡を横断中!

IMG_0915.jpg
フエゴ島のポルベニール港に到着

IMG_0917_20141019220752e36.jpg
夕食のビーフステーキ

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。