1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
14

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(67)
 1月20日。目を覚ますとすぐに町歩きを開始。そのあと「ニジャール・ホテル」の朝食を食べ、ビエドマを出発。リオネグロ川を渡り、南緯40度線を越え、さらにリオコロラド川を渡った。

「リオコロラド」は直訳すれば「赤い川」。このリオコロラド川がアルゼンチンの心臓部ともいえる大平原の「パンパ」と不毛の荒野がつづく「パタゴニア」を分けている。

 リオコロラド川を渡ると風景は一変し、一面の大農地になる。収穫の終わった小麦畑が際限なく広がっている。大地を黄色く染めるヒマワリ畑も見られる。小麦の大貯蔵所には大型トラックが長い列をつくって順番を待っていた。

 昼食はガソリンスタンド内のレストラン。エンパナーダと骨つき肉を食べた。エンパナーダは中に牛肉などの詰め物をした揚げパンでアルゼンチン人の大好物。焼き上げたエンパナーダもある。

 16時10分、バイアブランカに到着。「ウシュワイア→ブエノスアイレス」間の国道3号沿いでは最大の都市だ。

「アルゴス・ホテル」に泊まり、夕食後は町を歩いた。中心街の広場に行き、そのあと鉄道の中央駅へ。寂れた中央駅は交通の主役が鉄道から長距離バスに変わったアルゼンチンの現状を象徴しているかのようだった。

IMG_1020.jpg
ビエドマの町を歩く

IMG_1021_201412131152276a3.jpg
ビエドマのセクシーな看板

IMG_1022_201412131152286dd.jpg
リオネグロ川

IMG_1023.jpg
リオコロラド川

IMG_1025.jpg
昼食のエンパナーダ

IMG_1029.jpg
夕暮れのバイアブランカの町

Comments

Leave a Comment