1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
22

Category: 南米・アンデス縦断2007-2008

Tags: ---

Comment: 0  

「南米・アンデス縦断」(69)
 1月22日。ピザの食べ過ぎでひと晩中、苦しい思いをしたが、夜明け前にひと眠りすることができた。「眠り」の威力は絶大で、ずいぶんと体は楽になった。

 6時に起きると、1時間ほどバルカルセの町を歩いた。

 7時、「ホテル・バルカルセ」の朝食。ジュース、クロワッサン、コーヒーという朝食を食べると、体はさらに楽になった。これでもう大丈夫!

 今日はバルカルセの休日。
「パタゴン斉藤さん」とバスで大西洋のリゾート地、マルデル・プラタに行く。日本でいえば湘南海岸といったところか。マルデル・プラタの砂浜には大勢の人たちが押しかけていた。家族連れや年配の夫婦が目立った。

 町の広場ではカップルたちがアルゼンチンタンゴを踊っていた。そんなマルデル・プラタの光景を眺めながら、「パタゴン斉藤さん」とバーの歩道上のテーブルでビールを飲むのだった。

 マルデル・プラタからバルカルセへの帰りは2階建てのバス。座席指定なのだが、なんともラッキーなことに、我々の席は2階の最前列。流れゆく風景を存分に楽しんだ。

IMG_1036.jpg
ホテルの部屋から見るバルカルセ

IMG_1038.jpg
バスに乗ってマルデル・プラタへ

IMG_1039_20141221211007a0b.jpg
マルデル・プラタのバスターミナル

IMG_1040.jpg
マルデル・プラタの中心街

IMG_1041.jpg
マルデル・プラタの果物店

IMG_1045.jpg
マルデル・プラタの海岸

IMG_1048.jpg
マルデル・プラタの広場

IMG_1051.jpg
2階建てバスからの眺め

IMG_1052.jpg
バルカルセに戻ってきた

Comments

Leave a Comment