「広州→上海2200キロ」(11)

 12月4日8時、「銀昌国際飯店」を出発して「大長江」に行く。社長室に通され、石岩社長と対談。吉林出身の石岩社長は、ぼくの2004年の「旧満州走破行」(当サイトの連載参照)で吉林を通ったことを喜んでくれ、
「私もカソリさんのように、バイクで中国のあちこちを駆けめぐってみたいですよ」
 と言ってくれた。
 何とも気さくな、暖かみのある石岩社長だ。

 対談のあとは石岩社長の案内で本社工場、第1工場、さらには第2工場と見てまわる。昼になったところで石岩社長は本社に戻ったが、いつまでも心に残る人。
「中国人はけっこうロマンを追い求める生き方が好きなんですよ」
 と、そんな石岩社長の言葉が強く印象に残った。

 第2工場の貴賓室で昼食をいただき、本社に戻ると、いよいよ出発だ。
「目指せ、上海!」
 相棒のスズキの125ccスクーター、アドレスV125Gのエンジンを始動させ、そして走り出す。まずは江門から広州へ。
 江門から佛山と切れ目なく市街地がつづき、それがさらに広州へとつづいている。

 中国ではバイクでの大都市乗り入れが禁止されているので、大回りをして国道324号に出た。この国道は福建省の福州から広州を経由し、雲南省の昆明に至る全長2600キロもの国道だ。
 ここでスズキのMさん、カメラマンのKさん、女性ライターのTさんと別れた。皆さんは広州の国際空港に向かい、日本に帰るのだ。

 ぼくはといえば、何か一人、取り残されたような寂しさを味わったが、中国人スタッフの宋さん、運転手の楊さん、通訳の二村さんの乗る中国製GMの後についてアドレスV125Gを走らせる。その夜は、広州郊外の夢崗にある「紅橋賓館」で泊まった。夕食はホテルに隣合ったレストラン。そこで芋粉の麺の餃子(水餃子)、それと鍋を食べながら「青島ビール」を何本も空けた。
(江門→夢崗 180キロ)

IMG_2876.jpg
「大長江」の本社前を出発

IMG_2879.jpg
広州の国道324号でスズキのMさんらと別れる

IMG_2885.jpg
夢崗のレストランで夕食

IMG_2888.jpg
芋粉の麺

IMG_2892.jpg
水餃子

IMG_2893.jpg
鍋料理

IMG_2894.jpg
二村さん(左)、宋さん(右奥)、揚さんとの夕食

コメントの投稿

非公開コメント

著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード