「広州→上海2200キロ」(13)

 12月6日、夜明けとともに起きる。汕頭の町を歩き、「金城大酒店」に戻ると、7時30分、朝食。ホテル近くの食堂で粥とジャージャ麺を食べる。

 8時出発。アドレスV125Gを走らせ、国道324号を行く。汕頭から潮州までは町つづき。潮州を過ぎると田園風景が広がり、水田や養殖池が見られた。

 省境に到達。アドレスを止め、省境の石碑の前で記念撮影。そして広東省から福建省に入っていった。
「雲頂温泉」の看板をみつけ、
「よし、中国の温泉に入っていこう!」

 とおおいに期待したのだが、残念…。そこは「養生館」という一軒宿の大温泉ホテルで、部屋ごとの湯が温泉なのだという。日本の温泉宿のような大浴場はない。つまり日本風の立ち寄り湯はできないということだ。

 国道324号沿いの雲頂の町で昼食。町中の食堂でワンタンを食べる。食後には名産のザボンを食べた。

 廈門に向かっていくと国道324号沿いには茶畑が見えてくる。「天福茶」の大規模な茶園だ。

 国道324号を右折し、大都市の廈門へ。廈門は廈門島の町。トンネルを抜け、橋を渡って島に入るのだが、橋の手前でバイクは進入禁止になっていた。中国ツーリングで一番辛いのは大都市にはバイクで入っていけないということだ。

 廈門を諦め、国道324号に戻ると、同安の町で泊まった。宿は「同安賓館」。夜の町を歩き、食堂で夕食。刀削麺の砂鍋を食べる。ここでは牛のアキレス腱も食べた。中国人は何でも食材にしてしまう。その貪欲さがすごい。
(汕頭→同安361キロ)

IMG_2986-s.jpg
汕頭の町に朝日が昇る

IMG_3007-s.jpg
朝食のジャージャ麺を食べる

IMG_3017-s.jpg
潮州の町を走り抜けていく

IMG_3027-s.jpg
広東省と福建省の省境

IMG_3031-s.jpg
省境の石碑の前で記念撮影

IMG_3044-s.jpg
雲頂温泉の「養生館」

IMG_3060-s.jpg
昼食はワンタン

IMG_3101-s.jpg
廈門への道

IMG_3135-s.jpg
夕食の刀削麺入りの砂鍋

コメントの投稿

非公開コメント

著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード