FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2019

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
16

Category: 鵜ノ子岬→尻屋崎2012~2018

Tags: ---

Comment: 0  

「鵜ノ子岬→尻屋崎2012~2018」(9)
■2012年3月18日(日)晴のち雪 「気仙沼→田老」157キロ

 スズキ二輪のMさんと「スズキきずなキャリイキャラバン」のみなさんと一緒に、早朝の気仙沼を歩く。海岸地帯はまだ復興とはほど遠い状態だが、瓦礫のとり除かれたあとに花壇がつくられ、草花の芽を出しているのを見てほっと救われた。
 7時、朝食。8時、出発。
 今日の目的地は大船渡。「スズキきずなキャリイキャラバン」のみなさんの乗った車をV-ストロームでフォローする。
 宮城県から岩手県に入り、陸前高田を通り、9時、大船渡の「オートランドリッキー」に到着。国道45号と国道107号の交差点に店がある。ここは新しい店で、元の店は大津波で流された。「オートランドリッキー」の三条社長はそれにも屈することなく、すぐさまこの新しい店を立ち上げた。お客さんの所有している土地と建物を借り、それを新店舗にしたのだ。
 さらにうれしいことに、震災1年を前にして三条社長は借りていた土地と店舗を買い取り、名実ともに自分の店にした。隣接した土地には何年か後にはビルを建て、立派なショールームにしたいと熱をこめて語ってくれた。
 大津波にも全く負けていない人の話を聞いてぼくも心が熱くなった。
 大船渡からも、大阪モーターサイクルショー会場のスズキブースのMC原智美さんに携帯で電話し、大船渡の状況や「オートランドリッキー」の様子などを話し、三条社長にも登場してもらった。このような携帯でのトークショーを午前1回、午後2回、合計3回やったが、これが最後だ。
 三条社長には昼時、「ニュー香園」という中華料理店につれていってもらったが、そのついでに大船渡の町中を案内してもらった。大船渡にも仮設の商店街や屋台村が誕生し、復興の芽生えを感じさせた。
「スズキきずなキャリイキャラバン」はバイク、スクーターの無料点検だけでなく、電動スクーター「E-レッツ」の試乗会も兼ねている。それになんと神奈川県からやってきた古山夫妻が車に乗って来てくれた。旧知の古山夫妻は日本のみならず海外もバイクで走っているが、今回は車での東北旅。カソリが大船渡の「オートランドリッキー」いるという情報を聞きつけて来てくれた。
 さっそくE-レッツを試乗した2人だが、「新しい世界をのぞいたような気分!」とその印象を話してくれた。ぼくは今晩、田老の「グリーンピア三陸みやこ」に泊まるつもりにしていたが、古山夫妻もそれに合わせて「グリーンピア三陸みやこ」に泊まるという。 15時30分、「オートランドリッキー」での「スズキきずなキャリイキャラバン」の活動終了。みなさんとは大船渡で別れ、V-ストロームを走らせ、国道45号を北へ。
 釜石、大槌、山田を通り、夕暮れの宮古に着いた。
 宮古を過ぎるとまたしても雪…。前回ほどの降り方ではなかったので無事、田老の「グリーンピア三陸みやこ」に到着することができた。湯につかり、湯から上がる頃、古山夫妻もやってきた。一緒に夕食を食べ、そのあとはぼくの部屋での飲み会。ビールを飲みながら2人の東北旅の話を聞いた。

Comments

Leave a Comment