著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海を渡った伊万里焼きを追って(6)

 (『海を渡った日本のやきもの』1985年・ぎょうせい 所収)

 マラッカではハング・ジェバット通りの骨董屋街には何度となく足を向けた。
 思えば、博物館から骨董屋をまわるのは、この一連の取材行ではおきまりのコースになっている。
「能がない」
 といわれそうだが、イマリを探るためには定石も仕方ない。それにしても暑い。日中のマラッカのアスファルト道を歩くのは楽ではなかった。

 ところでハング・ジェバット通りだが、古い町並みを貫く通りの両側には10軒以上の骨董屋が軒を連ねている。
 仏像や金属器、古道具中心の店もあるが、大半の店は焼きものが主体の店頭だ。それも、東南アジアのほとんどの町がそうであるように、中心は中国の磁器。明や清の染付けや色絵の皿や壷に混じって、なかには宋や元のものもある。

 イマリの染付けもけっこう見られる。花鳥紋様の染付け皿、色絵の皿、赤絵の壷や瓶などだ。それらは染付けの藍色や色絵の赤色などから、私は18世紀から19世紀のイマリとみた。
 オランダ東インド会社が、「イマリ」を日蘭貿易の花形商品にして大活躍していた時代(17世紀~18世紀)とは少し、ずれているようだ。
 それに、博物館で見たのと同様の、銅版転写によるコバルト釉の染付け皿もある。これなどはさらに新しいもので、明治期のものである。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。