1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
01

Category: 食文化<3>:韓国食べ歩き

Tags: ---

Comment: 0  

韓国食べ歩き:第17回
 (『あるくみるきく』1987年1月号 所収)

車窓の風景
 9時05分、光州(クワンジュ)行きの特急「セマウル号」は、定刻通り、ソウル駅を出発した。
 ソウルの中心街を走り抜け、韓国第2の大河、漢江(ハンガン)にかかる鉄橋にさしかかると、対岸には夏の日差しを浴びて金色に輝く超高層ビルが見えてきた。
 朝鮮戦争(1950年~1953年)で国土の大半が焼土と化した韓国は、戦後、焼け跡の中から這い上がり、立ち上がった。そして奇跡の高度経済成長を成しとげた。それを称して「漢江の奇跡」といわれたが、漢江河畔の超高層ビルはまさに「漢江の奇跡」を象徴しているかのようだった。

 ソウルの南、40キロの水原(スーウォン)あたりまでは、ソウルの延長線のような市街地がつづき、工業化の道を一直線に突き進む韓国らしく、大小の工場が目についた。
 水原を過ぎると、田園風景が車窓全体に広がるようになる。稔りの季節を迎え、稲田は黄色く色づきはじめていた。
 鉄道沿いの道路は舗装され、トラック、バス、乗用車がしきりなしに走り過ぎていく。ポプラ並木はすっかり大きくなっている。山々には松が植林され、青々としている。

「あー、変ったなあ!」
 そんな車窓の風景を見て、私は思わず声を上げた。
 都市ばかりでなく、田園地帯の変貌ぶりにも目を見張らせるものがあった。
 私がそれ以前に見た韓国というのは、ソウルや釜山といった都市を一歩出ると、幹線道路といえども舗装路が途切れ、砂利道になった。時たまやってくるトラックやバスがもうもうと土煙を巻き上げ、走り去っていった。ポプラ並木は植えられたばかりで、若木は痛々しいほどに頼りなかった。山々に緑はほとんどなく、岩肌があちこちで露出していた。はげ山がやたらと目についた。そのような風景が目に焼きついていた。

 それがわずか10数年の間で、これほどまでに変るものなのか…。
 茶色い山が青い山に変るものなのか…。
 韓国という国が現代史の中で、壮大な実験をしているかのようにも思えた。

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment