1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
11

Category: シルクロード横断2006

Tags: ---

Comment: 0  

シルクロード横断:第46回 ドーバヤジット
 トルコ東部、イランとの国境に近いドーバヤジットでは、午前中は町中をプラプラ歩いた。楽しい町歩きだった。
 町には活気があふれている。
 魚屋には鮮魚が並んでいる。トルコでは魚がよく食べられる。八百屋の店先に並ぶトマトは色鮮やか。うまそうなトマトだ。巨大なキャベツを山積みにした店もある。パン屋では焼きあがったパンをカマドから取り出していた。
 町には人々の生活の匂いが濃くが漂っていた。

 ドーバヤジットはクルド人の町。
 トルコとイラン、イラクの3国にまたがって住むクルド人は国を持たない民族。周辺のシリアやアゼルバイジャンなどにも住んでいる。クルド人の人口は2500万~3000万といわれ、独自の国家を持たない世界最大の民族になっている。
 それらクルド人の半数がトルコに住んでいる。 
 トルコはクルド人が国境を越えて連携し、「クルドスタン」として独立する動きを非常に恐れている。国境周辺でのトルコ軍とクルド人組織の争いは絶えない。

 ドーバヤジットは表面的には平静を保っているが、警察署には装甲車が置かれ、ものものしい雰囲気。町外れの軍の基地では、おびただしい数の戦車がこれみよがしに並べられている。砲身はドーバヤジットの町の方に向いている。
 ひとたび騒乱が起きたら、すぐさま出動できる態勢だ。幹線道路の検問所の脇にも装甲車や戦車が配置されていた。
 町のロカタン(食堂)で昼食。羊肉料理を食べた。羊肉にはライスやポテト、ナス、ピーマン、青トウガラシなどが添えられている。

 午後は山上の宮殿「イサク・パシャ・サライ(宮殿)」に行く。
 ここは17世紀の後半に建設された。トルコの最高額紙幣、100リラ札の図案はこの宮殿を描いたもの。
 シルクロード交易の拠点で、山賊の親玉のようなパシャ(土候)が行き来する隊商から通行税ごときものを取っていた。
「イサク・パシャ・サライ」は、この地を支配していたクルド人のイサク・パシャによって1685年に建設がはじまった。宮殿の工事には100年近い歳月を要し、完成したのは1784年。イサク・パシャの孫、メフメッド・パシャの時代だ。
 宮殿内にはハーレムやハマム(浴場)、イサク・パシャの墓、牢獄などがあり、なんと366もの部屋数があるという。
 宮殿からの眺めは絶景だ。ドーバヤジットの町並みを一望のもとに見下ろす。
 目の前の岩肌には2700年前に造られたという要塞の跡が残っている。この地は昔からの東西交流路の要衝の地だった。

 朝はきれいに見えたアララト山(5165m)だったが、天気は崩れ、雲に隠れてしまった。
「神はノアと方舟の中にいたすべての生き物と、すべての家畜とを心にとめられた。神が風を地の上に吹かせたので、水は退いた。また淵の源と天の窓とは閉ざされて、天から雨が降らなくなった。それで水はしだいに地の上からひいて、150日の後には水が減り、方舟は7月17日にアララト山の上にとどまった。水はしだいに減って、10月になり、10月1日に山の頂が現れた」
『旧約聖書』にあるように、アララト山は「ノアの方舟」伝説の山なのだ。

「イサク・パシャ・サライ」からドーバヤジットの町に戻ると、再度、町を歩いた。
 夕食は町のレストラン。
 ライスつきのニジマス料理を食べ、トルコの地酒の「ラキ」を飲んだ。

魚屋には鮮魚が並ぶ
魚屋には鮮魚が並ぶ

パン屋ではパンが焼きあがった
パン屋ではパンが焼きあがった

山上の宮殿「イサク・パシャ・サライ」
山上の宮殿「イサク・パシャ・サライ」

「イサク・パシャ・サライ」からはドーバヤジットの町並みを一望!
「イサク・パシャ・サライ」からはドーバヤジットの町並みを一望!

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment