カソリと走ろう! 第6回:「キャニング・ストックルート走破」

 (『ゴーグル』2004年11月号 所収)

 バイクでの北極点、南極点到達という偉業を成しとげた風間深志さんと甲州から信州にかけての林道を走ったのは、今から30年以上も前のことになる。カソリ28歳、カザマ25歳のときのことだった。
 当時、風間さんは『月刊オートバイ』誌の編集部員だった。ぼくは『月刊オートバイ』誌では、「峠越え」の連載をさせてもらっていた。
「カソリさんがどんな風に峠越えをしているのか、見てみたいんだよ」
 という風間さんのひと言で同行取材ということになった。

 季節は晩秋。甲州から信州に抜ける峰越林道には雪が積もっていた。
 そこではステーン、ステーンと転倒するシーンを風間さんに写真にとられた。
 その夜は甲州の山間の温泉、増富温泉で泊まった。湯上がりのビールを飲みながら、話のボルテージをどんどんと上げ、
「バイクでアフリカ大陸の最高峰、キリマンジャロに登ろう!」
 ということになった。2人ともバイクに夢中だった。

 それから5年後の1980年、我々は甲州の温泉宿での夢物語をついに実現させ、忠さんこと鈴木忠男さんをも巻き込んで「チーム・キリマンジャロ」を結成し、3台のホンダXR200でキリマンジャロに挑戦した。風間さんはキリマンジャロと引き換えに会社を辞めなくてはならなかった。
 風間さんにとってはまさに人生をかけたキリマンジャロになったのだ。

「キリマンジャロ挑戦」では残念ながら頂上は極められなかったが、それが引き金になって、カソリ&カザマは今度は「チーム・ホライゾン(地平線)」を結成。
 2台のスズキDR500で1982年、第4回「パリ・ダカール・ラリー」に参戦。日本人ライダーとしては、初めての参戦ということになる。ぼくは大会9日目、あともう少しでサハラ砂漠を抜け出るという地点で夜間、4輪と競っているときに100キロ以上の速度のまま、ノーブレーキで立木に激突。レスキューのジェット機でフランスのパリの病院に運ばれた。風間さんはサポートのまったくないまま完走し、堂々、総合で18位という成績を収めた。
「パリ・ダカール・ラリー」では九死に一生を得たが、事故から8ヵ月後にまたバイクに乗れるようになったときのうれしさといったらなかった。
 そのうれしさをバネにして、さっそく風間さんと「カソリ&カザマ」の第3弾目のアドベンチャー計画をつくりあげた。それが「キャニング・ストックルート走破計画」だ。

 オーストラリア西部の「キャニング・ストックルート」は世界最長ダートとして知られている。ぼくは1973年から74年にかけて世界の6大陸を駆けめぐったが、その途中オーストラリアではヒッチハイクとバイクで大陸を2周した。そのときに「キャニング・ストックルート」の存在を知った。
 全長1800キロ、その間では全部で1000近い砂丘を越えるという。途中には町も村もないので、水や食料、ガソリンなどすべてを持って走らなくてはならないという。それを聞いたとき、ぼくの心の中にひそむ冒険心がメラメラと燃え上がり、
「いつの日か、きっとやってやる!」
 と思ったものだ。

 カソリ&カザマの「キャニング・ストックルート走破計画」は1983年6月の実現を目指した。ところが我々のこの計画にテレビがからむようになってからというもの、話が急におかしくなった。そして、後味の悪さを残して我々の「キャニング・ストックルート計画」はポシャてしまったのだ…。

 それから13年後の1996年、ぼくはスズキDJEBEL250XCでオーストラリアを2周した。7万2000キロを走り、その間では20数本、1万3000キロのダートも走破した。このときに「キャニング・ストックルート」も走破したかった…。
 ぼくの考えついたのは「ハロー、マイフレンド!」作戦。キャニング・ストックルート南側入口のウィルナに着いたらキャラバンパーク(キャンプ場)に行き、キャニング・ストックルートに入っていく四駆に「ハロー、マイフレンド!」と声をかけ、彼らと親しくなり、彼らの車にガソリン、水、食料を積んでもらって一緒に走ろうという作戦だった。 ところがウィルナに着いたのは10月も中旬のことで、すでに夏が近づき、キャニング・ストックルートに入っていく車など1台もなかった。
 キャラバンパークのおばちゃんには「1ヵ月、遅かったわね」といわれてしまった。

 だが、そのくらいのことで諦めないのが、チャレンジャー・カソリ。すぐさまキャニング・ストックルートの詳細な地図を広げ、単独で走破するプランを練った。
 DJEBELの17リッタータンクを満タンにし、さらに、2リッター、3リッター、10リッター、20リッターの4つの予備ガソリン用のポリタンを満タンにすると、全部で52リッターになる。燃費を1リッター25キロで計算すると1300キロ走れる。
 これでは全コースを走破できないので、コースのほぼ中間点で大鉄鉱山のあるニューマンに抜け、そこで給油する。これだと1200キロ、1200キロの合計2400キロで「キャニング・ルート走破」を成しとげられる。
 しかし…、
「もし、失敗したら…」
 という恐怖感が大きなプレッシャーになり、ぼくはウィルナからキャニング・ストックルートに入っていくことができなかった。
 失敗は即、死を意味するからだ。

 ぼくにとってはじつに30年にも及ぶ長年の懸案だった「キャニング・ストックルート走破」だが、ついにそれを実現させるときがきた。
「道祖神」のバイクツアー「カソリと走ろう!」シリーズの第6弾目でキャニング・ストックルートを走ることになったのだ。
「キャニング軍団」の6人の参加者のみなさんと2001年8月2日、西オーストラリアのパースに飛び、さらにパースの北、1000キロのウィルナに飛んだ。ウィルナの空港には我々をサポートしてくれるブライアンら、キャニング・ストックルートを知り尽くしている現地の面々が出迎えてくれた。
 その夜はなつかしのウィルナのキャラバンパークでのキャンプ。夕食はブライアンが焼いてくれたぶ厚いステーキ。
 我ら「キャニング軍団」はステーキにかぶりつきながら「キャニング・ストックルート走破」への期待に胸を弾ませた。

 翌8月4日、いよいよ出発。バイクはヤマハTTR250が6台とセローが1台。腕自慢のツワモノぞろいの「キャンニング軍団」なので、誰一人、セローに乗りたくはない。やむなくセローはカソリ用ということになったが、結論から先にいうと、セローは想像以上に連続する砂丘越えをよく走ってくれた。
 ウィルナを出ると幅広の高速ダート。我ら「キャニング軍団」はトップスピードで砂塵を巻き上げて走る。先頭をブライアンのバイクが走り、そのあとを我々の7台のバイクがつづき、バイクの後ろには2台のサポート用のランドクルーザーが走った。
 その幅広のダートからわずかに入ったところに「WELL1」がある。「WELL」とは井戸のことで、まさにキャニング・ストックルートのキーワード。ルート沿いには全部で51の井戸があり、それぞれに1から51までのナンバーがついている。

 幅広の高速ダートから道幅の狭い曲がりくねったダートに入っていく。
 その入口には「キャニング・ストックルート」の案内板。道の両側からは樹木が覆いかぶさってくる。路面はマッドあり、ロックあり、サンドありで、我らオフロード・フリークをおおいに楽しませてくれるが、ときどきカンガルーが飛び出してくるのが要注意。
 第1日目は「WELL6」まで走り、そこでキャンプした。
 第2日目になると路面の砂が多くなり、何度となくバランスを崩し、あわや転倒という場面がたびたびだ。そしてキャニング・ストックルート特有の本格的な砂丘越えがはじまった。目の底に強烈に残るほどの真っ赤な砂丘が連続する。
 この砂丘越えで辛いのは、砂丘に対して直角に入っていけないこと。轍は砂丘と平行していて、砂丘のてっぺん近くでキューッと曲がっている。そのためスピードをのせにくいのだ。砂丘をひとつ越えるごとに体力を激しく消耗する。

 ウィルナを出てから7日目、1029キロを走り、カラワジに到着した。ここにはなんとガソリンスタンドができ、食料品も買えるストアも併設されているではないか。
 全行程、まったくガソリンや食料を補給できないキャニング・ストックルートにとっては大きな変化だ。
 我ら「キャニング軍団」はここで大ショックを受ける。
 カラワジの北で塩湖を横切るが、何日か前に降った大雨で塩湖は満々と水をたたえ、四国ぐらいの大きさになっているという。残念無念…。
 もうそれ以上、キャニング・ストックルートを走るのは不可能だとのこと。

 我々は「キドソン・トラック」という600キロほどのダート経由で国道1号に出た。 ウィルナから1626キロの連続ダートを走って国道1号のアスファルトに立ったときは感動した。最後は「ギブリバーロード」の約600キロのダートを走り、ウィルナを出てから12日目にオーストラリア北部のクヌヌラにゴールした。
「ウィルナ→クヌヌラ」間は2924キロ。そのうちダートは2218キロ。
 ぼくたちはわずか2週間で10年分ぐらいのダート距離を走ったのだった。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 帰りました

(カソリよりコメント届きました)

はんぺんさん、お帰りなさい!
結果はどうであれ、
夢のキャニングストックルートを走れて、
ほんとうによかったですね。
一生忘れることのできない、
貴重な体験になると思います。

Re: 帰りました

コメントありがとうございます。カソリに転送しておきますね。(管理人)

帰りました

御無沙汰しております。
先週無事帰国しています。
結局、カニングストックは70㎞も走れませんでした。
バイバックで購入した川崎KLR650が全く砂漠を走るには程遠く(自分の詰めが甘いのですが)
タイヤもエアクリーナーも、砂漠に入る頃にはメタメタで、パースでから出発時はリッター20㎞ちょっと走れたものが、ウィルナから先では8㎞程に落ち、ビートストッパーも無いのでエアー圧も落とせず。転倒の旅に20kgの荷物と予備のガス缶を降ろし積みなおす。そして信じられないほど整備性の悪いエアクリーナーを清掃(といってもスプレーも無く乾式のフィルターをガソリンで洗うくらいしか出来ない)
水も思ったより消費してしまい。ブッシュキャンプをしただけでウェル2Aにもたどり着けませんでした。
色々アドヴァイス頂いたのに、ちょっと情けなさすぎですが、一応ご報告まで。

貴重な情報ありがとうございます。

お礼が遅くなりました。
言い訳になりますが、連休中も仕事が忙しく、返信が遅れました。

びっくりするような、詳しい現地情報ありがとうございます。

>ウエル3までが115キロ、
ウインディッチ・スプリングス(ここでは泳げますよ)までが191キロ

是非ウエル3まで行き、泳いでみたいと思います。
本当にありがとうございます。

Re: 訂正

管理人です。カソリより返信届きました。

===
はんべんさんへ


メカタラからウイルナですが、
ぼくが1996年に走ったときも180キロでした。
ウイルナではガソリンも食料も。
問題なく手に入ります。
ここには空港もホテルもあります。
2001年の「キャニングストックルート行」のときは、
ウイルナのキャラバンパークに泊まりました。
ウイルナからウエル1までは7キロでまず問題なく行けると思います。
ウエル2のあとウエル2-aがあり、そこまでは84キロでした。
ウエル3までが115キロ、
ウインディッチ・スプリングス(ここでは泳げますよ)までが191キロ、
ウエル5までが220キロ、
ウエル6までが240キロで、第1日目はここで野宿でした。
ウエル6にはユーカリの大木があります。
バケツを井戸に落として水をくみ上げるのですが、
確かバケツは井戸に備え付けられていたと思います。
砂丘が次々に現れてくるのはこのあとのことになります。
ウイルナから339キロのウエル9を過ぎると、
本格的な砂丘越えがはじまります。
「CRS」がキャニングストックルートの略称で、
この看板がところどころに立っています。
 
はんべんさん、ぜひとも夢を実現させてください。
無人の赤い砂丘で満天の星空を見上げながら、
どうぞひと晩、寝てみてください。
キャニングストックルートの単独行はかなりの危険をも伴いますので、
「無理だ」と思ったら、
その地点で引き返す勇気も必要になるかと思います。

訂正

上記、私の書き込みで

>その方は多摩美~観文研~多摩の信用金庫のメセナ部門に居た方の様でした。

とあるのは、武蔵野美術大で宮本門下、並行して観文研にも出入りしていたそうです。

訂正します。

ありがとうございます

ありがとうございます。
レンタルバイクによるソロツーリングなので
ウィルナからWell1とかWell2とか入り口だけでも確認したい。
出来れば無人の砂丘で寝てみたい。と思っています。

私の地図では95号線メカタラからウィルナは181㎞になっています。
>95号のカプリコンと>ウイルナから1029キロ地点のカラワジは私の地図では確認できませんでしたが、パースでバイクを借りることになる予定なので、ウィルナから95号線に戻れるガソリンを残した地点・・・で折り返すつもりです。

追伸・・・先だって、地元立川で飲んだくれていると、私のバイク話に興味を示す先輩に遭遇。
逆に話を訊いてみると、観文研で宮本先生の下で加曾利さんとも一緒に働き飲み明かしたとの事。
名前を挙げれば加曾利さんも分かるかもしれませんが、その方は多摩美~観文研~多摩の信用金庫のメセナ部門に居た方の様でした。
昨年末、対馬を宮本先生を偲んでレンタルバイクで一周した者としては、あらためて、世界の狭さにびっくりしました。

Re: ニューマン~キャニングストック

賀曽利氏よりメール届きました。

===
「鵜ノ子岬(福島)→尻屋崎(青森)」&「奥会津周遊」の
3000キロを走って帰ってきました。
あちこちで雪と氷(アイスバーン)に泣かされましたよ。
春はまだまだ遠い東北でした。

おたずねの世界最長ダートの「キャニングストックルート」ですが、
ぼくが走った2001年の時点では、
南側の拠点のウイルナから1029キロ地点のカラワジで給油できました。
そこはWell32(南から数えて32番目の井戸)から20キロ北の地点で、
人口は80人でした。
ニューマンのわずか南、
国道95号のカプリコン(南回帰線)ロードハウス(宿泊・給油可)から
キャニングストックルートのほぼ中間地点の
Well23に出るというルートもあります。
ぼくはこのルートは走っていませんが。
なお、ウイルナは国道95号のメカタラから入っていきます。

Re: ニューマン~キャニングストック

管理人です。コメントありがとうございます。賀曽利氏はいま東北を走っているようですが、メールを転送しておきました。

ニューマン~キャニングストック

キャニングストックルートの事を調べていて、このページに来ました。
今、私の手元にあるのが10年くらい前の、オーストラリア全図なのですが、キャニングやガンバレルは出ているのですが、ニューマン~キャニングストックの道がありません。この道の状態と距離など分かるなら教えて頂けませんか?
ちなみにその地図では、1号線(1番パースよりの分岐から)~ニューマンは一部ダートの表示で620㎞となっています。
著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード