1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
15

Category: 食文化<3>:韓国食べ歩き

Tags: ---

Comment: 0  

韓国食べ歩き:第27回
 (『あるくみるきく』1987年1月号 所収)

日本と韓国の似ている点は…
 朝鮮半島は、ユーラシア大陸の肉食・乳食文化圏に隣り合っている。
 しかし韓国は、その食文化圏には含まれていない。それは市場を歩いてみれば、はっきりとわかることだ。
 たしかに市場では、肉類は目についた。ところが、ミルクや乳製品のヨーグルト、バター、チーズのたぐいが私の記憶に残らないほど、目につかなかった。

 乳製品は牧畜世界の基本食となるものである。それが韓国で一般化しなかったということは、牧畜世界から中途半端な形で肉食だけを受け取ったとしか、いいようがない。
 それにひきかえ、韓式定食でも料亭料理でもそうなのだが、魚介料理がきわめて多い。魚介類をふんだんに使っている。また、魚の刺身も一般的だった。
 もっとも刺身は韓国でも「サシミ」といっており、日本から伝わった料理のようだ。しかし、韓国、とくに南部では古くから魚肉を生で食べる習慣があったようだ。
 日本と韓国は魚介類をよく食べるということでは、きわめて似ている。

テーマ : 旅の思い出    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment