1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
16

Category: 食文化<3>:韓国食べ歩き

Tags: ---

Comment: 0  

韓国食べ歩き:第29回
 (『あるくみるきく』1987年1月号 所収)

圧倒的に量の多い韓国食!
 光州(クワンジュ)からソウルへの帰路も鉄道で。
 特急「セマウル号」に乗った。「セマウル号」のゆったりしたシートにもたれかかり、車窓を流れていく風景に目をやりながら、私はあらためて韓国食の食べ歩きを思い返してみた。
 わずか数日の旅でしかなかったのに、その数日間で体重が4キロも増えた。この20年あまり、体重の増減がほとんどなかった私なのだが…。
 ずっしりと重くなった体で考え、こだわりつづけたのは、韓国食の圧倒的な量の多さであった。膳の上にずらりと並んだ皿数の多さと、1皿ごとの量の多さが、私の目の底に焼きついて離れないのだ。

 私はふと、「南米一周」(1984年~1985年)のブラジルで食べたブラジル定食といってもいい「コメルシアル」を思い出した。
「コメルシアル」はご飯と豆汁の「アロス(米)・コン・フェジョン(豆)」が基本になっているが、そのほかにビフェ(ビーフステーキ)、スパゲティ、炒めたジャガイモ、ゆでたマンジョカ(キャッサバ)、油で揚げたプランタイン(料理用バナナ)、玉子焼き、サラダ…などの皿がテーブルにズラリと並び、私が食べたなかでは最高で13皿出た。

 このブラジル食も韓国食と同じように、とてもではないが、全部は食べきれない。半分食べるのがやっとだった。
 韓国とブラジルという、まったく関連のない食文化圏にある国どうしに、似たような食事の形態が出てくるのはどういうことなのだろうか。もしかしたら、私が韓国で驚かされた食事の量の多さというのは、驚くのに値いしないことなのかもしれない。韓定食やブラジル定食のような量の多い食事は世界的にみれば、けっこう一般的なことかもしれない。


賀曽利作品の"ミッシング・リンク"は奥様の著書で>『赤ちゃんシベリア→サハラを行く』(1979年)

テーマ : 旅の思い出    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment