1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
11

Category: カソリ本「一章瓶」

Tags: ---

Comment: 0  

『アフリカよ』(1973年7月31日・浪漫)第一章(その4)
準備はできた
 しかし計画というものはそういうものだろう。いつまでも気をおとしてばかりはいられない。秋が深まるにつれて準備は急ピッチで進んでいく。問題点が、いくつかあった。船や外貨、オートバイ、カルネ(オートバイの無税通関手帳)などである。船会社をいろいろと訪ねていくうちに、喜望峰経由で南米にむかう船があることがわかった。四月に横浜を出るローヤル・インターオーシャン・ラインのルイス号で、ぼくたちはさっそく横浜から南部アフリカのポルトガル領モザンビークの首都ロレンソマルケスまで予約した。それで四月十二日、という出発の日は決まってしまったのだ。
 外貨の件は、当時のきまりでは五〇〇ドルまで。これではどうしようもない。どうしたらいいんだ、と頭を痛めていると、親切な人が大きな声では言えないがと教えてくれた。香港かシンガポールで日本円を米ドルに替えてくれるのだそうだ。日本円持ち出しは、当時一人二万円までだが、それ以上持ち出しても、まず調べられないだろうと教わったのでこの問題は無事通過。カルネのほうは、日本自動車連盟の田久保さんに、たいへんお世話になった。世界の道路事情、国境週辺の情勢、ぼくたちが注意しなくてはならない点など、事細かく教えてくださった。
「もうすぐだ、船が横浜をでるときはでっかい声で叫ぼうぜ」と書いた年賀状が前野から届く。一月十五日はぼくたちの成人式。「これからが最後の追い込みだぞ」と、たがいに気を引き締めあった。
 オートバイを早急に決めなくてはならなかった。いちばん心配だったのは故障である。強くて修理しやすいオートバイということで、ツーストローク・エンジンのヤマハかスズキにしようと思った。オートバイにくわしい人が、スズキのエンジンなら絶対だというので、ぼくたちはオートバイをスズキTC二五〇に決めた。オートバイのうしろに、ステンレス張りした木箱をのせられるよう改造し、クラッチやアクセル、ブレーキ等のワイヤー類、ピストンやピストンリング、ピストンピン、ガスケット類、チェーン、スプロケット、ポイント、プラグ、ヘッドランプのバルブ、タイヤのチューブなどの部品をそろえる。
 こうして四月十二日がやってくる。来てしまったのだ。アフリカに行こうと思いたってから三年。それは長く苦しい道だった、とポケットの中の日記は訴えているが、夢のように飛び去った日々のようにも思える。たしかなことはこの船にYが乗っていないということなのだ。

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment