著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーラシア大陸横断(その1)ウラジオストク→ダリネレチェンスク

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月2日(火)晴れ ウラジオストク→ダリネレチェンスク 423キロ
 ロシア税関のすべての書類がそろい、保税倉庫でバイクを引き取れたのは18時過ぎ。我ら「ユーラシア軍団」は、ヨーロッパ最西端のロカ岬を目指し、喜び勇んでウラジオストクを出発した。
 全部で17台のバイク。それにサポートカーがつく。
 車には「道祖神」の菊地優さんとメカニックの小島努さん、それとロシア人通訳のアレックスが乗っている。

 大渋滞のウラジオストク市内を走り抜け、M60(国道60号)を北へ。4車線のハイウェイが100キロほど北のウスリースクまでつづく。
 交通量が多い。車は大半が日本車だ。
 ウスリースクを過ぎると2車線の道になり、交通量もぐっと少なくなる。
 シベリア鉄道に沿った道。雄大な風景が広がる。その中を地平線目指して突っ走る。

 ぼくのバイクはスズキDR-Z400Sの新車。時速120キロ前後での走行。ぼくが先頭を走る。バックミラーに映る後続のバイクのきれいなラインに胸がジーンとしてしまう。夜の10時過ぎまで明るい夏のシベリア。
 夜中の1時半にダリネレチェンスクに到着。パトカーがホテルまで先導してくれた。
 17台のバイクは警察のガレージであずかってもらった。ダリネレチェンスクのホテルでは「道祖神」の菊地優さんと同室。これ以降、ずっと菊地さんと同室で、菊地夫人に嫉妬されそう‥。
 第1夜目はさんざん蚊にやられ、メタメタに刺された。夏のシベリアは蚊やブヨなど虫との戦いだ。

伏木駅前で
伏木駅前で

伏木港を出発
伏木港を出発

ウラジオストックへ
ウラジオストックへ

ウラジオストックに到着
ウラジオストックに到着

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。