1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
02

Category: ユーラシア大陸横断2002

Tags: ---

Comment: 0  

ユーラシア大陸横断(その4)チタ→ヒロック
 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月8日(月) 曇りのち晴れ チタ→ヒロック 331キロ
 チタからはM55(国道55号)を行く。
 モンゴルへとつづく大草原が地平線の果てまでもつづいている。プーンとハーブの匂いが漂ってくる。天然のハーブ園が。
 草原にグラシを敷き、昼食を食べていると、なんと日本人チャリダーがモスクワ方向からやってきた。
 坂下広重さん。
 日本人初の自転車でのロシア横断をめざしていた。坂下さんはオホーツク海に面したマガダンまで走り、そこから飛行機でヨーロッパに戻ると、今度はアフリカを縦断し、ケープタウンを目指すという。
 ものすごいパワーだ!

 ヒロックへ。
 ゆるやかな峠を越える。この何の変哲もない峠がオホーツク海に流れ出るアムール川と北極海に流れ出るエニセイ川の水系を分けている。
 峠を越え、オホーツク海から北極海の世界へと入っていく。
 といってもここはシベリアの内陸部。海からは2000キロも3000キロも離れている。
 15時30分、ヒロックに到着。宿は警察の宿舎。バイクも警察のガレージであずかってもらう。

 町を歩く。
 シベリアとは思えないほど日差しが強く、暑い‥。店で冷えたビールを買い、木陰で飲んだ。


チタの駅前
チタの駅前

ダートを走る
ダートを走る

ヒロックに到着
ヒロックに到着

シベリア鉄道のヒロック駅
シベリア鉄道のヒロック駅

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment