1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
  02 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
26

Category: ユーラシア大陸横断2002

Tags: ---

Comment: 0  

ユーラシア大陸横断(7)イルクーツク→サヤンスク
 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月11日(木)曇のち晴 イルクーツク→サヤンスク 292キロ
 9時、朝食。黒パン&ブリニー(クレープ)、サラダ、マンティー(中国語のマントーからきている。中国の包子風)。
 午前中は東シベリアの中心都市、イルクーツクを歩く。
 アンガラ川の流れ。オベリスク。郷土資料博物館を見学。肌寒い。
 ライス&肉料理、スープの昼食を食べ、13時、出発。

 M53(国道53号)を西へ。このM53はクラスノヤルスクからノボシビルスクまでつづいている。
 ルートナンバーだが、ウラジオストックからハバロフスクまではM60、チタからイルクーツクまではM55、イルクーツクからノボシビルスクまではM53、ノボシビルスクからチェラビンスクまではM51になる。

 イルクーツクから300キロほど走ったサヤンスクで泊まったが、この町の「エルマークホテル」はよかった。ヨーロッパのリゾートホテル風。シベリアにもこのようなホテルがあるのだ。
 パン(白、黒)、肉&ジャガイモ、マス料理、サラダ、デザートのスモモという夕食の後、町をプラプラ歩いた。高層の団地。ホテルに戻ると、ベッドにゴロンと横になり、シベリアの地図を見る。ぼくにとっては、これが何よりもの至福の時なのだ。

1736、イルクーツクの中心街
イルクーツクの中心街

1732、イルクーツクの発電所
イルクーツクの発電所

1734、イルクーツクで出会ったカップル
イルクーツクで出会ったカップル

1735、イルクーツクを流れるアンガラ川
イルクーツクを流れるアンガラ川

1738、昼食のライス&肉料理
昼食のライス&肉料理

1739、イルクーツクから西へ。M53を行く
イルクーツクから西へ。M53を行く

1741、クラスノヤルスクへの道標
クラスノヤルスクへの道標

1742、サヤンスクの「エルマークホテル」
サヤンスクの「エルマークホテル」

テーマ : 海外旅行記    ジャンル : 旅行

Comments

Leave a Comment