著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

ユーラシア大陸横断(8)サヤンスク→タイシェット 

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月12日(金)曇のち晴 サヤンスク→タイシェット 408キロ
 8時朝食。ポリッジを食べる。
 9時出発。
 サヤンスクから62キロ地点のクィトゥンという町を過ぎるとダートに入る。M53のダートなので、道幅は広い。バスや大型トラック、乗用車が猛烈な土ぼこりを巻き上げて走る。そんなダート区間が何区間かあった。ダートの合計は約80キロ。
 昼食は草原で。シートを広げ、カップヌードルとパン&イワシの缶詰。
 M53はシベリア鉄道に沿っている。シベリア鉄道の駅前で小休止。そこで6輪駆動のバスを見る。

 タイシェットに到着したのは18時。
 シベリア鉄道タイシェット駅の駅前ホテルに泊まる。ピルメニ(水餃子)とオリーブ入りサラダの夕食のあと、タイシェット駅に行く。
 ちょうどモスクワ発北京行きの12両編成の列車が到着した。ウランウデからモンゴルのウランバートルを経由して北京まで行く列車。最後尾の1両はハルビン行きだった。この車両はチタから中国国境のマンチューリを経由してハルビンまで行く。そんな列車を見ると、無性に乗ってみたくなった。

 ホテルに戻ると、カフェでビールを飲む。ターニャとイラ、2人のロシア人女性と一緒になった。ぼくはターニャにすっかり気に入られたようで、手をつかまれ、スピーカーから流れてくる音楽に合わせて彼女と踊った。
 夜がふけてきたところで、ターニャに「ドスビダーニア(さよなら)」といって部屋に戻ろうとした。するとターニャは「まだ、帰っちゃダメよ」といって、ぼくをギュッと抱きしめる。豊満な胸をゴリゴリッと押しつけてくる。そして「ブチュッ」という感じでキスするのだ。まわりのギャラリーはやんやの喝采。
 名残おしかったが、そんなターニャと別れて部屋に戻った。すると今度は蚊の猛攻。
 タイシェットの夜は、まさに天国と地獄。

1747、朝食のポリッジ
朝食のポリッジ

1748、M53のダート区間
M53のダート区間

1752、夕食のピルメニ
夕食のピルメニ

1754、タイシェット駅
タイシェット駅

1756、モスクワ発北京行きの列車
モスクワ発北京行きの列車

1757、タイシェット駅前の蒸気機関車
タイシェット駅前の蒸気機関車



管理人コメント:
さっさと挿さないから刺されるんですよ。。。おっと!(撤収!)

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード