著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーラシア大陸横断(9)タイシェット→クラスノヤルスク

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月13日(土)晴午後雷雨 タイシェット→クラスノヤルスク 409キロ
 8時、ピロシキ&紅茶の朝食。
 9時、出発。M53でクラスノヤルスクに向かう。
 カンスクで給油。地元の人たちのの給油を見ていると、満タンにすることはほとんどない。5リッターとか10リッター、入れている。それもオクタン価80ぐらいのガソリンを入れる。

 草原でのピクニッックランチ。パン&サディーンの缶詰、それとトマト&キューリ。
 タイシェットから400キロ余りを走ってクラスノヤルスクに着いたのは17時30分。クラスノヤルスクは人口100万人を超える大都市。高層の「クラスノヤルスクホテル」に泊まる。ホテル前の広場には噴水。市民の憩いの場になっている。コカコーラとペプシコーラの大きな看板。シアターもある。若い女性たちはスケスケルック。下着が透けて見える。というよりも誇示しているかのよう。

 夕食はホテル近くのレストラン。ライス、サーモン、ハム、ソーセージの夕食。デザートはケーキ。飲み物は紅茶。ロシアでは紅茶がよく飲まれる。
 夕食後、エニセイ川の川沿いの道を歩く。
 北極海に流れ出るシベリアの大河、エニセイ川は全長4130キロ。クラスノヤルクは北極海から3000キロ近くの内陸なのに、エニセイ川の川幅は1キロ以上もある。堂々とした大河の風格だ。
 大河というのは夢をかきたてるもの。またいつの日か、シベリアにやってきて、エニセイ川の川船を乗り継いで、シベリアの奥地まで旅してみたい、と「シベリア大河紀行」への想いを馳せた。

1764、シベリアの町。柵内のジャガイモ畑には白い花が咲いている
シベリアの町。柵内のジャガイモ畑には白い花が咲いている

1766、シベリアの原野は花の季節
シベリアの原野は花の季節

1767、国道を離れてのダートラン
国道を離れてのダートラン

1765、クラスノヤルスクの町並み
クラスノヤルスクの町並み

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。