著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーラシア大陸横断(11)マリンスク→ノボシビルスク

 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月15日(月)曇のち晴 マリンスク→ノボシビルスク 460キロ
 8時、ホテルのレストランで朝食。黒パンとスープ、サラダ。スープには香辛料のオクロップ。ロシア料理にオクロップ(ウイキョウ)は欠かせない。
 9時、マリンスクを出発。M53でノボシビルスクへ。寒々とした曇り空。

 昼食は国道沿いのパーキングエリア。そこに青い大きなグラシを敷き、パンにソーセージをのせて食べる。それと日本から持ってきたインスタントラーメン。昼食のあとは20分間の昼寝。これがすごく体に効く。

 ノボシビルスクに近づくと日が差してきた。
 18時45分、シベリア最大の都市、ノボシビルスクに到着。ホテル「オビ」に泊まる。その名の通り、オビ川に面したホテル。ホテルのレストランで夕食。メインディッシュはカツレツ。

 夕食後、オビ川の遊覧船に乗った。オビ川は全長5200キロのシベリア第一の大河。このあたりで川幅は2キロ近くもある。
 遊覧船ではベラルーシから来ている3姉妹と一緒になった。三女がベラルーシのミンスクに住んでいるが、長女はクラスノヤルスク、次女はノボシビルスクに住んでいる。ということで、3姉妹はここ、ノボシビルスクで会い、こうしてオビ川の船旅を楽しんでいる。3姉妹は何千キロもの距離をおいて離れ離れに住んでいる。これが大陸‥。

1787、ノボシビルスクのホテル「オビ」
ノボシビルスクのホテル「オビ」

1789、オビ川の流れ
オビ川の流れ

1791、オビ川の遊覧船に乗る
オビ川の遊覧船に乗る

1796、オビ川の遊覧船で出会った3姉妹
オビ川の遊覧船で出会った3姉妹

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。