1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
04

Category: ユーラシア大陸横断2002

Tags: ---

Comment: 0  

ユーラシア大陸横断(14)オムスク→イシム
 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年7月18日(木)晴 オムスク→イシム 350キロ
 7時、朝食。ホテルのビュッフェでのバイキング。黒パンとチーズ、ハム、サラミ、サラダ、ゆで卵、木イチゴ。
 9時、出発。チューメニへの道を行く。その途中、スピード違反で交通警察に止められた。スピードガンでの測定。

 昼食は草原で。パン&ハム、インスタントラーメン。
 15時15分、イシム到着。周辺は広大な麦畑。ここではTVニュースの取材を受けた。女性リポーターのリナ。

 バイクのオイル交換をしたあとイシム郊外の保養所へ。そこが宿。
 夕食は保養所内のレストランで。チャーハン風ライスと魚の燻製。
 バーニャ(ロシア風蒸し風呂)に入ったあと、飲み会になる。その近くには警察の保養所もあって、チュウメニ警察のジマさん、チェラビンスク警察のビタリーさんがウオッカを持ってやってくる。
 日本対ロシアのウオッカ一気飲みのバトルになった。夜中の2時までバトルはつづき、もうフラフラ…。

165、イシムの飛行場で見た複葉機
イシムの飛行場で見た複葉機

166、イシムの教会
イシムの教会

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment