1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
26

Category: ユーラシア大陸横断2002

Tags: ---

Comment: 0  

ユーラシア大陸横断(33)バイヨンヌ→ブルゴス
 (『ツーリングGO!GO!』2002年11月号 所収)

2002年8月6日(火)晴 バイヨンヌ→ブルゴス 386キロ
 7時、朝食。ホテルのレストランで。クロワッサン&フランスパンとハム、チーズ、サラミ、コーヒー。
 8時、出発。ピレネー山脈に向かっていく。じきに山中に入り、フランス・スペインの国境を越える。小さな流れに架かる橋が国境。だが、いわれないとわからないほどで、まったくのフリーパスでスペインに入った。

 ピレネー山脈の標高1057メートルのイバネッタ峠を越え、パンプローナの町に下っていく。ここはスペインからの分離独立を求めているバスク人の古都。つづいてビトリアの町を通り過ぎたが、ここはバスク国の首都といったところだ。

 イベリア半島に入ると、いっぺんに風景が変り、乾燥した牧草地が広がっている。一面のヒマワリ畑も見られた。
 16時、ブルゴスに到着。「ホテル・プエルタ・デ・ブルゴス」に泊まる。

 町を歩く。バーに入り、スパニッシュオムレツとオリーブの実を添えた魚料理を食べながらセルベッサ(ビール)を飲む。
 夕食はチャイニーズ・レストランで。ワンタンがうまかった~!

1875、ピレネー山脈のイバネッタ峠を越える
ピレネー山脈のイバネッタ峠を越える

1877、刈り取られた牧草地
刈り取られた牧草地

1876、一面のヒマワリ畑
一面のヒマワリ畑

1878、ブルゴスで泊まったホテル
ブルゴスで泊まったホテル

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment