著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シルクロード横断:第49回 エルジンジャン→シバース

 エルジンジャンからはE80→E88でシバースに向かった。
 その途中では2つの2000メートル級の峠を越えた。最初の峠は標高2160メートルのサカルトゥタン峠。2番目の峠は標高2190メートルのキジルダッグ峠。

 峠はトルコ語では「ゲジディ」になる。サカルトゥタン峠だとサカルタン・ゲジディ、キジルダッグ峠だとキジルダッグ・ゲジディになる。
 ともにアナトリア高原の峠なので、2000メートルを超えるといっても、それほどの高さは感じない。

 キジルダッグ峠の「キジル」は「赤い」を意味する。「ダッグ」は「山」を意味する。つまりは「赤い山」。その峠名の通りで、峠を越えると、まわりの山々は燃えるような、真っ赤な山肌をした山になる。山肌に樹木はまったくない。乾燥しきった山岳風景。強烈な眺めだ。

 その「赤い山」が途切れると、今度は目のさめるような青石の露出した山になる。赤と青のコントラストが、どぎついほどの色鮮やかさだった。まさに原色の世界。

 峠を下ると、黒海に流れ出るキジルイルマク川に沿った道になる。
 キジルイルマック川だが、「キジル」はさきほどキジルダッグ峠同様、「赤い」を意味する。「イルマック」は「川」の意味。キジルイルマック川というと「赤い川川」になってしまうが、このような例はいくらでもあるので、そのままキジルイルマック川としておこう。
 キジルダッグ峠は名前通りの「赤い山」だったが、キジルイルマック川の方は「赤い川」ではなく、青々とした流れだった。

 エルジンジャンから252キロ走り、14時、シバースに到着。町の中心街の「コスクホテル」に泊まる。部屋に荷物を置くと、さっそく町の探訪。市場を歩いた。ブドウやザクロが山積みにされていた。
 夕食は町中のレストランで。黒ダイの焼き魚を食べた。魚がよく食べられるトルコらしい夕食だ。夕食後は我ら「ハマム同盟」、連夜のハマムに繰り出すのだった。


※管理人コメント:
「赤い山」の「キジルダッグ」ですが、正確な発音は「クズルダア」とのことです。詳細はコメント欄をご覧ください。

5530、E88を行く
E88を行く

5532、シバースの目抜き通り
シバースの目抜き通り

5535、市場を歩く
市場を歩く

5536、ハマムの外観
ハマムの外観

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

Re: 赤い山

管理人です。
貴重なご指摘、誠にありがとうございます。
カソリはまたまた日本一周中ですが、メールに入れておきます。

dagのgの上のアクセント記号(?)は桶の形と言うか、Uの字ですね。
wikiなどまで調べましたが、発音の模様については確認できませんでした。

ということで、当座は文末に、いただいたコメントへの誘導文をつける処理とさせていただきます。

ご了解ください。

赤い山

キジルダッグ峠の「キジル」は「赤い」を意味する。「ダッグ」は「山」を意味する。つまりは「赤い山」。
トルコ語では、kizl はキジルでなくクズルです。iの点がない文字です。ダッグは dag ですが gのあたまに記号がついており、それは発音しないので、ダアと読みます。クズルダア~というのが赤い山という意味です。

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。