著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本列島岬めぐり:第34回 平久保崎(ひらくぼざき・沖縄)

 (共同通信配信 1990年)

 那覇からフェリー「飛竜3」で18時間かけて渡った石垣島の石垣は八重山諸島の中心地。石垣港に上陸すると、50ccバイクを走らせ、日本最南の国道390号で石垣島最北端の平久保崎に向かった。

 太平洋に流れ出る宮良川の河口まで来ると、河岸はヒルギ林の濃い緑で彩られている。ヒルギの類などを総称してマングローブといっているが、日本では西表島が有名だ。

 しかし石垣島にも、吹通川や北部の小河川の河口などにはマングローブが群落を成している。 無数の気根を水中に伸ばしたマングローブ林の風景は日本離れしたもので、赤道直下のアフリカ・インド洋岸や熱帯アジアの海岸を思い起こさせた。

 国道390号をさらに北へ。サトウキビ畑が広がっている。それと牧場が目につく。牛、馬のほかに水牛を見かけるところがいかにも石垣島らしい。

 石垣から北に38キロの伊原間で、日本最南の国道は尽きる。その先は県道で、細長い平久保半島に入っていく。半島の一番狭まったところが船越(ふなくやー)という地名。太平洋と東シナ海の両方の海が眺められる。幅が300メートルほどしかない地狭で、地名通り、昔はくり舟を担いで渡ったという。

 石垣島最北の集落、平野には、「南の北の家」というユーモラスな名前の民宿があった。それ式の言い方をすると、平久保崎は「南の北の岬」ということになる。

 石垣島最北端の平久保崎に立った。白い灯台のある岬周辺は牧場になっている。断崖上に腰を下し、亜熱帯樹の緑で縁どりされた長い砂浜を見下ろした。

 海底が透けて見える。ライトブルーの海は海底が砂地で、モスグリーンの海はサンゴだという。人影のまったくない岬からの風景は心に残るものだった。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。