1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
12

Category: 管理人より

Tags: ---

Comment: 2  

「けんけん」さんからコメント拝受しました。
はじめまして

はじめまして。ふと思い出し賀曽利サンのお名前で検索をかけて検索したらコチラのブログがhitして、なつかしくなってつい書き込みさせていただいてます。

まだ高校生だった10年以上前の事です…ある日本屋で見つけた一冊の本、それが賀曽利サンの「50ccバイク日本一周2万キロ」でした。クルマは大好きだけどバイクには一切の興味を示さない自分が、なぜか手に取ったバイクの旅の本…「旅」をするってことにひかれたのか、その日以来ひたすら日本一周の本を何度も何度も読みふけったものです。

学校を出て仕事に就くと本とも疎遠になり、しばらくするとそんなことなどアタマの中からスッカリ忘れ去っておりましたが、数年前に長距離のトラックドライバーに職を変えてから、また段々と賀曽利サンの本の内容がアタマに蘇ってくることが多くなってきたんです。というのも、北九州在住の自分が今まで全く縁のなかったアチコチの土地に出向くようになり、各地の地名などを見ると、日本一周の本のエピソードが不思議と思い出されてくるのです。

中でもイチバンは福井県の越前海岸の左右という場所…たまたま旅行で出かけた時だったんですが、左右のバス停が目に入ったときには、ここだぁ~!と電気が走りましたよ。それから旅行の行程を無視して賀曽利サンが登っていったであろう細い山道を探しだし、登りました…あの日本海を望む景色は忘れられません。

おっとスイマセン、ダラダラと長くなってしまいましたね。本を手にした当時から賀曽利サンに一言お礼を申し上げたかったんですよ…
自分に夢・希望を与えてくれたのが日本一周の本でした。だからなんとなくありがとうございますと言いたくて…

あ~なんかスッキリしました。
自分は今日も元気に日本中を走り回っております。まだ北海道には行ったことありませんが…
賀曽利サン…これからも「旅」してくださいね。今後の御活躍を陰ながら応援させていただきますんで、がんばってください。

深夜に長文失礼いたしました。それでは…


============
管理人コメント:

iihanashidana-
(※引用:コピペディア


で、久しぶりにカソリにコメント(もともとは非公開コメだったのよ)を転送しました。
すると、律儀にも返答あり(!)

============

けんけんさんへ

けんけんさん、『50ccバイク日本一周2万キロ』(JTB)を読んでくださってありがとう。「左右(そう)」をおぼえてくれていただなんて…、もう感動です。ぼくも今でも国道305号で越前岬を通るときは思い出しています。

「日本一周」ですが、その40代編のあとも50代編、60代編とつづけています。これからもまだまだ日本中を駆けめぐりたいと思っています。けんけんさんもどうぞ、どうぞ気をつけて日本中を走りまわってください。

テーマ : 管理人より    ジャンル : その他

Comments

Re: タイトルなし
管理人より:

こちらこそありがとうございました。今後ともよろしくお願い申し上げます!
賀曽利サン (◎o◎)
まさかまさかの直々にお返事をいただけて、ホント嬉しいかぎりです。
いつかどこかでお会いできたら…そんな奇跡的な偶然を夢見て、日々安全運転に励みたいと思います。


管理人サン
いろいろお気遣いありがとうございました。すでにここのブログはお気に入りに登録しちゃいましたので、これからちょくちょく覗かせていただきますね。楽しみにしてますよ~。

Leave a Comment