1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
28

Category: カソリの島旅

Tags: ---

Comment: 0  

カソリの島旅(17)金華山(宮城)
 (『ジパングツーリング』2001年9月号 所収)
 
 石巻から牡鹿半島に入り、田代島、網地島を眺めながら走り、かつては日本の捕鯨基地としておおいに栄えた鮎川に到着。

 鮎川の捕鯨は昭和20年代後半がピークで、年間6000頭ものクジラが水揚げされた。20隻以上の捕鯨船が活躍し、浜には30軒以上ものクジラの解体屋が並んでいたという。今はその名残で、ここには鯨料館の「ホエールランド」がある。

 スズキSMX50を港に置き、観光船で金華山に渡った。
 金華山までは25分の船旅。牡鹿半島突端の岬、黒崎のすぐ近くを通っていくので、岬先端の岩場や高台の上に建つ灯台がよく見えた。

 金華山周辺の海は寒流の親潮と暖流の黒潮がぶつかり合う境目で、日本有数の漁場になっている。
「みちのく山に黄金花咲く」
 と詠まれた金華山に着くと、鹿のお出迎え。

 黄金山神社まで松林の中を歩く。最後は息を切らせて急な石段を登り、黄金山神社に参拝した。
 ほんとうは時間があれば、この島の最高峰の金華山(445m)に登りたかった。

「きんかざん」といったときは島で、「きんかさん」といったときは山をさすのだと教えられた。

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment