著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カソリの島旅(21)弁天島(青森)

 (『ジパングツーリング』2001年10月号 所収)
 
「本州東部編」は太平洋経由の「東京→青森」と、日本海経由の「青森→東京」の2パートに分けて走った。前回までが前半戦の「東京→青森」で、今回からが後半戦の「青森→東京」ということになる。

 青森では青森駅に近い「ビジネスホテルヤスダ」に泊まった。7時半朝食。ぼくのほかにはネクタイをしたサラリーマン然とした中高年の人たちが3人いた。みなさん、疲れたような顔をしている。そのうちの1人の人は、「最近の若いヤツラは出張を嫌うので‥」と嘆いていた。

 元気をなくした今の日本を象徴しているかのような青森のビジネスホテルでの光景。そのうち日本はジジイとババアだけの国になってしまう。いや、もうすでになりかかっている。みなさん、宿のおばちゃんのつくってくれた朝食をほとんど残している。朝からパクパク食べているのはぼくだけだ。この「ビジネスホテルヤスダ」、なんと1泊2食で5000円。安い。

 5月19日午前8時、青森駅前に立つ。目指せ、東京・日本橋。キック一発、スズキSMX50のエンジンをかけ、走りだす。SMX50は今日もエンジン快調。軽快な2ストサウンドを響かせる。

 青森からは国道280号で津軽半島に入っていく。
 高野崎、龍飛崎、権現崎と岬めぐりをし、浜名温泉、龍飛崎温泉、竜泊温泉と温泉めぐりをし、小泊に近い一軒宿の雄之湯温泉に泊まった。
 大浴場の湯につかりながら、津軽半島の海岸線と岩木山を眺める。ここは“絶景湯”。

 翌日は小泊から日本海に沿って南へ。十三湖と岩木川の河口を見、快適に走れる広域農道の「米米ロード」で鰺ヶ沢に向かう。津軽のいシンボル、岩木山がどんどん大きくなってくる。

 国道101号に合流し、鰺ヶ沢に着くと、国道沿いの「葛西商店」で名物の焼きイカを食べた。炭火で生干しのイカを焼いてくれる店のおばちゃんは、前に来たときと変わらずに元気そうだった。鰺ヶ沢の焼きイカはうまいのだ。

 鰺ヶ沢から国道101号を南下。その途中では風合瀬(かそうせ)漁港の前にある弁天島と深浦の町を一望する大岩の2つの島に渡った。ともに歩いて渡れる島だ。そして夕日が日本海の水平線に落ちかかるころ、不老不死温泉(入浴料300円)の露天風呂に入った。間に合った! 

 湯につかりながら、海に落ちていく夕日を眺める気分は最高だ。
 青森県から秋田県に入る。
 八森いさりび温泉「ハタハタ館」(入浴料400円)の湯に入り、八森漁港のすみで野宿した。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

Re: お元気ですか?

(カソリより)
葛西商店のみなさまへ

おかげさまで元気でやってます。昨年末はバイクでなくって、列車で行ったもので、お店には行けませんでした。それでも鰺ヶ沢の空気をたっぷりと吸ってきましたよ。「葛西商店」の「焼きイカ」、食べたいですよ~!

お元気ですか?

お久しぶりです。お元気ですか?

こちらは、すっかり雪もとけてしまい、空気も季節の移り変わりを感じさせます。

また、お近くに来られた際は、是非お立ち寄りください。焼きいかご馳走します。

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。