1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  07 ,2018

世界を駆けるバイクライダー・賀曽利隆(かそりたかし)。 20歳でのアフリカ一周から、60歳還暦での「300日3000湯」ツアーまで、そしてその先へ・・・。地球をくまなく走り続けるカソリの”旅の軌跡”をまとめていきます。


著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category: 60代編日本一周パート2(2009)

Tags: ---

Comment: 0  

東海道53次(往路編)43
第35番目・御油宿(愛知)4月3日

 豊橋から国道1号を行く。豊川を渡り、平行して走る名鉄の国府駅を過ぎた追分の交差点で、旧東海道の御油宿に入っていく。

 この追分というのは東海道と姫街道の分岐。姫街道は東海道の脇往還で、三河と遠州の国境の峠、本坂峠を越え、浜名湖の北側を通り、浜松で東海道に合流する。東海道の新居関を避けて女性の旅人が多く通ったので「姫街道」の名がある。古代からの主要な街道だ。

 御油宿に入ると本陣跡を通り、古い家並みを走り抜け、十王堂前から天然記念物の松並木に入っていく。

tokai2009-43-0735
御油宿の家並み

tokai2009-43-0736
閻魔大王らの十王をまつる十王堂

tokai2009-43-0734
御油宿と御油宿の松並木の案内板

tokai2009-43-0733
御油宿の松並木に入っていく

テーマ : ツーリング    ジャンル : 車・バイク

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。