著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カソリの中国旅40年(4)

 3度目の中国は1988年。長女が小学校6年生になったときのこと。子供たちの夏休みを利用し、7月26日、妻と長女、次女、長男の一家5人で大阪南港から上海行きの船「鑑真号」に乗り込んだ。

 上海到着は7月28日。中心街のホテル「上海大カ」に泊まり、女性ガイド宋さんの案内で玉仏寺、虹口公園、予園、上海博物館…とまわり、上海雑技団(サーカス)を見た。子供たちは皿まわしや猿の自転車、パンダの曲芸に大喜び。

 上海には4日間、滞在。その最後の日には黄浦江の遊覧船に乗り、長江(揚子江)の河口まで行った。長江の河口は海と変らない広さ、大きさだった。

 上海からは列車で北京へ。20両編成の寝台急行。16時に上海駅を出発すると蘇州、無錫、常州、鎮江と通過し、19時25分、南京着。南京を過ぎたところで渡った夕暮れの長江が目に残った。夜中の3時30分に山東省の済南に停車し、夜が明けると列車は華北の大平原を走っていた。7時20分、天津着。終点の北京駅到着は9時だった。

 北京では西長安街の「民族飯店」に泊まり、男性ガイドの羅さんの案内で天安門広場を歩き、人民大会堂、故宮を見学。映画「ラストエンペラー」の舞台を見たといって子供たちは感動の様子。

 その翌日は待望の万里の長城。明の十三陵を見たあと八達嶺の万里の長城を歩く。さすが世界の観光地。人、人、人…。外国人観光客が多いが、それよりもはるかに中国人観光客の方が多かった。1時間ほど万里の長城を歩いたが、あまりの規模の大きさに圧倒されてしまう。子供たちは売店で買った人民帽をかぶって嬉々としている。

 北京滞在の最後の日は、北京動物園を見てまわる。お目当ては4頭のパンダ。パンダたちはスースーと気持ちよさそうに寝ていた。最後に大庭園の「イ和園」を歩き、8月4日、UA890便で成田に飛んだ。

 上海、北京の2都めぐりの中国旅だったが、妻と子供たちは全員が「北京よりも上海の方がおもしろかった」といっていた。子供たちにとっては上海雑技団が一番の人気のようだった。

china40years-4
妻と子供たち、ガイドの宋さん(左端)。上海で

テーマ : 中国旅行
ジャンル : 旅行

コメント

Secret

最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。