「広州→上海2200キロ」(15)

 12月8日。8時、朝食。饅頭、油條、粥を食べる。8時30分、出発だ。

 国道104号を行く。山々が連なる。雨に濡れた峠道で事故。バイクがらみの事故だった。まだパトカーも救急車も来ていない。トラックに衝突したバイクの運転手はトラックの後輪に頭をひかれて即死。道路上には大量の血が流れていた。後ろに乗っていた女性は無傷で、大声を出して泣いていた。手を合わせ、冥福を祈って事故現場を離れたが、明日は我が身だ。

 12時、寧徳に到着。食堂で昼食。豚肉料理や豆腐料理を食べたが、イソギンチャクのスープは珍味だった。国道104号を離れ、霞浦へ。

 茶畑がつづく山道を走る。霞浦に到着すると、郊外の赤岸という村にある「空海大師記念堂」まで行く。それにしても空海は強運な人間だ。804年の第17次遣唐使船に乗ったのだが、4隻のうち2隻は嵐で沈没。空海の乗った船は沈没をまのがれ、この地に漂着した。空海は上陸の許可が下りるまでの40日間、霞浦に滞在したのだ。

 なお4隻のうち1隻だけは予定通り、寧波港に到着した。その船には最澄が乗っていた。アドレスでは4月から5月にかけて「四国八十八ヵ所めぐり」をしたので、自分の頭の中では、これで四国と中国がつながったような気分だ。次ぎの機会にはぜひとも、福州から長安(西安)までの空海の足跡をたどってみたいものだ。

 赤岸から霞浦に戻ると、町中のホテル「霞浦珠杯大酒店」に泊まった。海鮮料理の夕食のあと夜の町をプラプラ歩いたが、夜市で食べた干し柿が安くてうまかった。
(福州→霞浦 213キロ)

IMG_3336-s.jpg
連江の町並み

IMG_3359-s.jpg
国道104号の事故現場

IMG_3404-s.jpg
寧徳の町。ここで昼食

IMG_3440-s.jpg
赤岸の「空海大師記念堂」

IMG_3448-s_20170112181531fb7.jpg
霞浦の夕食。海鮮麺を食べる

「広州→上海2200キロ」(14)

 12月7日。夜明けとともに同安の町歩きを開始。孔子廟の前では市民が集まって体操をしていた。きれいに掃き清められた道を歩いていく。高層ビルが何棟も建設中。裏町を歩くと、野菜や豚肉を売る店が何軒も並んでいた。

 町歩きを終えて「同安賓館」に戻る。二村さん、宋さん、揚さんと一緒にホテルの朝食を食べ、8時に出発。広州からずっとつづく国道324号を行く。

 泉州の手前の南安は石都で知られ、花崗岩や大理石の石材工場が並ぶ。
 南安には全長2キロの歴史的な石橋、安平橋がある。1138年につくられたという安平橋を途中まで歩いた。

 泉州には「中国四大橋」のひとつの洛陽橋がある。1059年に完成した石橋で、バイクでの通行は可。中国の国宝橋をアドレスV125Gで走って往復し、また戻ってきた。日本でいえば錦帯橋をバイクで往復したようなものだ。

 泉州を過ぎたところで昼食。国道沿いの食堂でタイ、タコ、キスなどの海鮮料理と牛タンを食べた。

 16時30分、福州に到着。ここは福建省の省都。国道324号は福州が起点で広州、南寧を経由し、雲南省の昆明が終点になる。全長2600キロの国道だ。

 福州からは国道104号を行く。この国道104号は北京が起点で杭州を通り、福州が終点になる。全長2450キロ。国道324号にしても国道104号にしても、日本では想像もできないような長さだ。

 ここで問題が発生。福州を流れるビン江にかかる国道104号の橋をバイクでは渡れないことがわかった。渡船にバイクを乗せて対岸に渡るしかない。渡船の最終便は17時だとのことで、何度も道を聞いて渡船乗り場に急いだ。

 間一髪で最終便に乗れたのだが、それというのも中国語を完璧に話す通訳の二村さんと、宋さん、揚さんの中国人コンビのおかげ。といっても宋さん、揚さんは中国本土からははるかに遠い新疆ウイグル自治区のウルムチの人なのだが。サポートカーはすぐに発車し、橋を渡って対岸まで行く。そこでぼくを待ってくれるのだ。

 無事にビン江を渡り、車と合流し、その夜は福州郊外の連江で泊まった。夕食はホテル近くの屋台で。エビ、イカ、アサリの海鮮料理と青菜、豚の腸を食べた。

 その夜は地獄の苦しみ。「中国風邪」にやられたのだ。何しろ空気が悪い、というよりも悪すぎる。広州からずっとスモッグの連続で、バンダナで口を覆ってマスクがわりにしてアドレスで走ったが、のどの痛みにはずっと泣かされていた。

 夜中頃から熱が出始め、頭痛、鼻水、そのあとの鼻づまり。苦しくて寝られない。それでも夜明け近くにウトウトしたが、そのわずかな眠りで体は大分、楽になった。眠りの効果は偉大だ。寝ることによって人間の体はリセットされる。
(同安→連江 301キロ)

IMG_3161-s_20170110232127120.jpg
同安の裏町の肉店

IMG_3185-s_201701102321289c0.jpg
同安を出発

IMG_3197-s_201701102321228cc.jpg
南安の安平橋を歩く

IMG_3231-s_20170110232124c32.jpg
泉州の洛陽橋をアドレスで渡る

IMG_3261-s_201701102321252d0.jpg
国道324号を行く。福州まであと175キロ

IMG_3264-s_20170110232143f74.jpg
昼食で食べたタイ

IMG_3292-s_201701102321451fd.jpg
福州のビン江の渡船乗り場

IMG_3303-s_201701102321461c9.jpg
最終便の渡船が到着

IMG_3325-s_20170110232142f77.jpg
連江の屋台で夕食

寒い部屋で校正作業を開始(管理人)

新年明けてから寒い! すでに0時を回りました。
===
 メダンはスマトラ島ではパレンバンと並ぶ大きな町。ここからスマトラ島南端のタンジュンカラン(●現・バンダールランプン、と入れる?)まではバスで行く。その距離は日本列島縦断以上で、2000キロを超える。(●本州縦断なら超えるのはありえるが、本当に「日本列島」縦断で2000km程度か? また、メダン~バンタールランプン間も(少なくとも直線距離では)2000kmを超えていないように思える。要確認)

===
ちゃんと校正作業+簡単な校閲を開始してます。でもいま見たら、第1章・2章の5/65ページでしかない・・・。
道のりは遠い。
著者・管理人

Author: 賀曽利隆
Twitter:@kasori3000
Administrator:ウザワ・K

電子で復刊!
カテゴリー
Amazon
ブログ内検索 by Google
広告も社会の窓。
最近のコメント
RSSフィード
FC2ブログランキング
このブログが面白いと思ったらたまに(あるいは頻繁に!)クリックしてくださいね(ポチっとな)。それで何が起こるのかは僕も知らんけど…。
カソリお役立ちリンク
管理人推奨リンク
最近の記事
月別アーカイブ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
QRコード
QRコード